ドノヴァン・フランケンレイター・バンドのマット・グランディ、日本先行デビュー

ツイート
ドノヴァン・フランケンレイター・バンドのオリジナル・メンバーであるベーシスト、マット・グランディ。アコースティック・ギターと渋いボーカルでメローな世界観を演出し、旬なサーフ・サウンドを聴かせる彼のソロ・デビュー・アルバム『ファブリック・アンド・フォグ』が、全世界に先駆け1月14日に日本先行リリースとなる。

◆『ファブリック・アンド・フォグ』より5曲試聴

マット・グランディは、コスタ・メサのヴァンガード大学に奨学生として入学し、同じ地元在住のプロ・サーファーでミュージシャンであるドノヴァン・フランケンレイターと出会う。やがて一緒に音楽活動を始め、現在まで約7年間、マットはドノヴァン・バンドのベーシストとして、レコーディングやツアーに参加し今に至る。14歳で初めてベースを手にし、その才能はすぐさま認められたという。

ドノヴァンとの活動を続けていく中で、マットは自分の曲を書き溜めるようになっていった。今作『ファブリック・アンド・フォグ』に収録されている曲は全てドノヴァンとのツアー中に書かれたもので、レコーディングはツアーの合間に自宅のスタジオで行なわれ、プロデュースの大半もマット本人によるものだ。

そんな『ファブリック・アンド・フォグ』を引っさげ、マット・グランディのライヴが日本上陸となる。1月13日(火)の札幌公演を皮切りに開催されるドノヴァン・フランケンレイター日本ツアーでの、全8公演のオープニング・アクトとして出演するのだ。渋いボーカルでしっとりとメローな楽曲を聴かせてくることだろう。

<ドノヴァン・フランケンレイター日本ツアー>
1月13日(火) ジャスマックプラザ・ザナドゥ
1月15日(木) Shibuya O-EAST
1月16日(金) Shibuya O-EAST
1月18日(日) club MAIRO
1月19日(月) Nagoya CLUB QUATTRO
1月20日(火) Shinsaibashi CLUB QUATTRO
1月21日(水) Hiroshima CLUB QUATTRO
1月23日(金) Fukuoka DRUM Be-1
[問]◆スマッシュ・ウェブサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報