エイベックスに移籍後、その動向が注目されていた後藤真希が、ついに再始動。mixi発の20代女性向けプロジェクト「SWEET BLACK」に参加し、SWEET BLACK feat. MAKI GOTOとして楽曲をデジタル配信していくことがオフィシャルサイトで発表された。

◆後藤真希の最新フォト

彼女の参加する「SWEET BLACK」とは、<Sweet(ポジティブ・アクティブ)な希望と、Black(ネガティブ・シニカル)な本音が共存する。そんなネガポジ両面のキモチが共存する20代女子のリアル=SWEET BLACK世代のリアルをテーマに、気鋭の女性クリエーターがオリジナル作品を制作し、mixiを中心としたさまざまなメディアを通じて発信していく、ユーザ参加型のまったく新しいメディアプロジェクト>という(後藤真希オフィシャルサイトより)。

そして同プロジェクトの第1弾作品として発信されるのが、「蛇にピアス」で第130回芥川賞を受賞した作家・金原ひとみの書き下ろした短編小説「マンボ」。さらに、同小説のテーマをヒントに、後藤真希が作詞とフィーチャンリグ・ヴォーカリストとして制作に参加したオリジナル楽曲「Fly away」の着うた(R)が、1月21日よりレコチョクで配信される。

また、同日に本格オープンするmixi内の「SWEET BLACK」公式サイトでは、この楽曲に関する後藤真希のインタビューや、金原ひとみ作「マンボ」と彼女のインタビューなども掲載される。

一方、再始動する後藤真希に完全密着したWEB番組「Unrecorded」も、1月21日よりスタート。こちらは、同プロジェクトのメイキングを中心に、“後藤真希のリアル” に迫ったドキュメントムービーとなっている模様。最新の彼女の姿とともに楽曲の一部やレコーディングの様子などを映した予告編が、すでに後藤真希公式サイトとYouTubeの「avex Channel」にて公開されている。なおこのWEB番組は、1月21日の本編公開以降、不定期での更新が予定されている。

J-WAVEの人気ラジオプログラム「PLATOn」内の新コーナー「SWEET BLACK Girls」にもレギュラー出演している後藤真希。“好きなうたで生きていく。” と、予告編動画の中で口にした彼女が、今後どのような姿を我々に提示してくれるのか。その一挙一動から目が離せない。



◆後藤真希 オフィシャルサイト