木村カエラ、映画出演に「興味ある」

ツイート
コラボシングル「Hey! Hey! Alright」をリリースしたスチャダラパー+木村カエラが、1月14日、TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオから公開生放送のプログラム「WONDERFUL WORLD」に出演した。今回のリリースタイミングで全員そろっての生出演は同番組のみとあって、平日にも100名を超えるファンがスペイン坂に集結。貴重なナマ共演となった。

◆スチャダラパー+木村カエラのコメント映像

映画に関する話題を扱う同番組ということで、自身の映画出演について聞かれると、“興味はありますね。でも大変そう” とコメントした木村カエラ。今後、もしかしたら映画館のスクリーンでカエラちゃんを見ることができるかも、と思ったファンもいたことだろう。

また、それぞれのラジオ番組に出演し合う中で意気投合し実現したというこのコラボレーションについては、木村カエラは “ホイ来た!という感じ(笑)。ピリピリした空気もなく、無理がない感じで楽しかった”、スチャダラパーのSHINCOは、“野球をテーマにしたNHKアニメ『メジャー』の主題歌なので、ちょっとスタジアムっぽい感じを意識しました”と、それぞれコメント。

なおスチャダラパー+木村カエラは、4月19日、日比谷野外音楽堂で行なわれるリリー・フランキー主催のフェスイベント<ザンジバルナイト>で今度は初のライヴ共演を行なう。

リリースされたばかりのコラボシングル「Hey! Hey! Alright」は、1月14日付けのオリコンデイリーチャートで10位を記録。スチャダラパーの生んだトラックの上を、気持ちよさげに展開していく木村カエラのヴォーカル。“音を楽しむ”ことを全面に出してパフォーマンスするアーティスト同士のコラボレーションだけに、聴いていると、ただただ、やたら心地よい。さらにヒックスヴィルの木暮晋也がギターとして参加しており、彼の歪んだギターがロック的要素をトラックに与えている。そしてこれもまた、木村カエラのヴォーカルとは違った角度からの心地よさのスパイスだ。

スチャダラパーは、3月にTOKYO FM出版から書籍「ヤングトラウマ」を発売。一方、2009年でデビュー5周年を迎える木村カエラは、1月28日にニュー・シングル「どこ」をリリース。カエラちゃん、“初心に戻りつつがんばりたい”とのこと。

◆スチャダラパー オフィシャルサイト
◆木村カエラ レーベル オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報