サカナクション「ネイティブダンサー」のPVは「UNIQLOCK」CMチーム制作

twitterツイート
3rdアルバム『シンシロ』のリリースを1月21日に控えるサカナクション。アルバムのリード曲となる「ネイティブダンサー」のPVがちょっとおもしろい。

ヴォーカルの一郎のバストアップと、ステップを踏む足下のアップの2カットのみという、実にシンプルな構成だが、そのシンプルさが逆に強烈な個性とインパクトを放つ映像作品となっている。実は、このミュージックビデオ、カンヌ国際広告祭2008でグランプリを獲得したあの「UNIQLOCK」CMを手がけたチームによる制作なのだ。

監督:児玉裕一、振り付け:振付稼業air:man、スタイリング:北澤“momo”寿志という職人達によって完成したこの映像は、歌い続ける一郎に対して、まさしく“ネイティブダンサー”のように軽やかに舞うNIKEのデッドストック「AIR FORCE 180 CLERKS PACK」の演技とも言えそうなステップに目を奪われる。そのステップは「TECKTONIK」や「Cwalk」のスタイルを取り入れた独自のもので、児玉監督が何度も曲を聞き込んで細かいオーダーをair:manに出し、air:manもすぐに対応するやりとりが繰り返されたという。さすがの”世界レベル”が繰り広げられた「ネイティブダンサー」のPV、是非ともチェックを。
◆サカナクション オフィシャルサイト
◆iTunes Store サカナクション(※iTunesが開きます)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報