BLANKEY JET CITY、未発表音源&伝説のライヴ音源を発売

ツイート
「音楽」の強さと美しさを追求して、10年間走り続けた究極の3ピースバンド、BLANKEY JET CITY。再びその“奇跡の軌跡”を発信する、EMI Music Japanとユニバーサルミュージックによる共同企画<BJC RESPECT>の第2弾が1月21日に発売された。

ユニバーサルミュージックからは、オリジナルアルバム未収録の楽曲に加え、未発売音源&未発表音源をコンパイルした『RARE TRACKS』を、SHM-CD(高音質CD)でリリース。1997年にロンドンで録音されたまま未発表となっていた「ロメオ」、1995年の代々木フリーライヴで配布された「fifiteen」など、超レアな音源がコンパイルされた、まさにタイトル通りの“究極のレアトラック集”となっている。

また、同日より着うた(R)、着うたフル(R)、RBT配信もスタート。ユニバーサルミュージックに残した音源から、ベスト盤『黒盤』収録曲とシングル曲が配信される。レコチョクでは3月17日までの期間限定で、独占待受画像の特典が付く。

そしてEMI Music Japanからは、15年の時空を超えて新たにミックスを施したライヴアルバム『MONKEY STRIP ACT2』を、同じくSHM-CDでリリース。本作には、1994年6月25日、全国ツアー<スージーの青春>のロード中に敢行された怒涛のギグ<MONKEY STRIP ACT2>の模様を収録。オーディエンスはもちろん、スタッフからも最高のパフォーマンスという評価を受けながらも作品化されなかったステージが、当時のBJC全作品を手掛けたエンジニア、Michael Zimmerling氏のミックスにより、ライヴアルバムとして蘇った。

なお、2月18日には<BJC RESPECT>第3弾として、『BLANKEY JET CITY 1991-1995』、『BLANKEY JET CITY 1997-2000』がSHM-CDでリイシューされる。<BJC RESPECT>プロジェクトを通じて、多くの世代にBLANKEY JET CITY作品の衝撃を体験してもらいたい。

『RARE TRACKS』
UPCH-9455 ¥2,800(tax in)
2009年1月21日発売

『MONKEY STRIP ACT2』
TOCT-95019 ¥3,000(tax in)
2009年1月21日発売

◆BLANKEY JET CITY ユニバーサルミュージック公式サイト
◆BLANKEY JET CITY EMI Music Japan公式サイト
◆iTunes Store BLANKEY JET CITY(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報