ノエルの「ギターの腕前は並」発言にウェラーも同意

twitterツイート
オアシスのノエル・ギャラガーが、自分のギターの腕前を“並”と評価。このコメントに兄貴分のポール・ウェラーも同意したそうだ。

NME.COMによると、ノエルは『Total Guitar』誌のインタヴューでこう話したそうだ。「オアシスでやってることには支障ない。言いたいこと、わかるだろ? でも不幸なことに、俺のベスト・メイトはザ・スミスのジョニー・マーとポール・ウェラーだ。この2人は俺にとってギターの達人だからな。2人とも認めないだろうけど」

「エレクトリック・ギターっていったら、彼らだ。この2人と比べてどうかって訊いてるなら、達人に比べられるのはいいけど、せいぜい並ってとこだ」

この発言に対し、ウェラーはこう応えたという。「いい奴だな、でも確かに彼のプレイは初歩的だ。でも、ノエルはギターの神のようなフリはしてないだろ。彼はコードを合わせるのが上手いし、コードの配列やリズム・プレーに独自のスタイルを持ってる。ユニークだ、と思うね」

オアシス関連ニュースとして、彼らは今年のNMEアワーズで最多の7部門(ワースト・バンドも入れると8部門)にノミネートされた。また、3月にはノエル・ヴォーカルの「Falling Down」がニュー・シングルとしてリリースされるという。
◆iTunes Store オアシス(※iTunesが開きます)

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報