民生、カエラ、愛、しょこたん参加のジュディマリ・トリビュート発売

ツイート
2001年の電撃解散から8年。いまなお各メディアでの“復活してほしいバンド”ランキングでは上位に君臨するJUDY AND MARYの、デビュー15周年を記念したトリビュート・アルバムがリリースされることになった。

多くの音楽ファンに愛され、歌い継がれている色褪せない名曲たちが、新たな生命を吹き込まれて再集結する本作。参加アーティストは、いきものがかり、奥田民生、大塚愛、木村カエラ、中川翔子、mihimaru GTら、豪華な顔ぶれだ。

『JUDY AND MARY 15th Anniversary Tribute Album』は、3月18日にエピック・レコードから発売される。

JUDY AND MARYは、1993年9月22日にシングル「POWER OF LOVE」でデビュー。YUKIのヴォーカリストとしてのカリスマ性、TAKUYAと恩田の卓越したメロディ・センスから生まれる楽曲、そして四位一体ライヴパフォーマンスが絶大な人気を誇った。7thシングル「Over Drive」でブレイク後、「ドキドキ」「そばかす」「クラシック」「くじら12号」など多くのヒット・シングルを世に送り出し、2001年3月7、8日の東京ドーム2DAYS公演をもち、その活動を終えた。

『JUDY AND MARY 15th Anniversary Tribute Album』
2009年3月18日発売
<参加アーティスト/収録曲(曲順未定)>
●いきものがかり「クラシック」
●大塚 愛「LOVER SOUL」
●奥田民生「散歩道」
●木村カエラ「Happy?」
●シギ「KYOTO」
●SCANDAL「DAYDREAM」
●school food punishment「Brand New Wave Upper Ground」
●スネオヘアー「小さな頃から」
●中川翔子「そばかす」
●PUFFY「motto」
●HALCALI「ラッキープール」
●半沢武志(FreeTEMPO)「RADIO」
●真心ブラザーズ「ドキドキ」
●ミドリ「ミュージックファイター」
●mihimaru GT「Over Drive」
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス