黒夢、10年後の解散ライヴで13,500人熱狂

twitterツイート
1999年1月29日の活動停止からまる10年を経た2009年1月29日(木)。黒夢が、一夜限りの復活を果たし、そして正式な解散を表明する最後のライヴを日本武道館で行なった。

◆大きなライヴ写真を見る

暗転した会場内にこだまする13,500人のファンの歓声に包まれて、スポット・ライトの中にシルエットで浮かび上がるメンバーたち。清春が両手を高く突き上げると、その歓声はさらに大きな渦となり、最後の宴は幕を開けた。

オープニングは、当時の音楽シーンへのアンチテーゼとして真正面からメッセージを発した「FAKE STAR」。<僕は偽りだらけのFAKE STAR>とシャウトする清春は、ここ最近の彼のソロのステージでは見せることのない、荒々しさと攻撃性を前面に押し出している。“黒夢の清春”としてのパフォーマンスだ。

その後も「BARTER」「MIND BREAKER」などラウド・チューンが続く。そして「CANDY」の途中で、清春の異変に気付いた人時が演奏を止めるように合図。すると清春が「久しぶりだから、覚えてないんだよね」と苦笑いする場面もあった。

人時のベース・ソロ・コーナーでは、チルアウトするような独奏から、ギターとドラムを加えた3ピースでパンキッシュなインストで沸かせた。

本編のラストが近づくと「時間はすごく短いので…。昨日のこととか、明日のこととかじゃなくて、いまを楽しみましょう。いまを心から楽しみましょう。いまがすべてです」と静かな口調でオーディエンスを煽る清春。そして本編のラストに「Suck! Me!」「後遺症」「LAST PLEASURE」を畳み掛けた。

2回目のアンコールが終了し、照明が点き場内が明るくなっても、アンコールを求める声は鳴り止まない。その大歓声に応えるように三度ステージに現われたメンバーは、幾度となく黒夢のライヴの最後を飾ってきた楽曲であり、この日唯一のシングル楽曲「Like @ Angel」を演奏した。

「ありがとう。未来も、昔も、ずっと愛してます。お別れです」。そう言って清春は人時の手をとり、堅く握手を交わして「ありがとう。黒夢でした。愛してます。元気で」とすべてのファンに挨拶し、ステージを後にした。

先頃BARKSで行なったインタヴューの際に、清春は「黒夢は、いつも未完成だったから、究極の未完成で終われればと思ってます。2008年までの黒夢のバンド幻想を、2009年の黒夢が叩き潰して終わる」と語っていた。思えば、長髪と濃いメイクと黒服が必須であった当時のヴィジュアル・シーンで、ほかの誰よりも先に髪を短く切り、メイクを落とし、ストリート・ファッションを取り入れたのは黒夢だった。音楽性だけでなく、こうしたファッション面においても先駆的で、決して朱に交わらない特異な存在であったことを、この日のライヴを観ながら思い知らされた。

なお、このライヴを完全収録したライヴ・アルバムが3月18日に、ライヴDVDが3月25日にリリースされる。

<清春15th Anniversary Presents
KUROYUME“the end”~CORKSCREW A GO! GO! FINAL~>
2009年1月29日(木)日本武道館
1. FAKE STAR
2. SPOON & CAFFEINE
3. BARTER
4. MIND BREAKER
5. CAN'T SEE YARD
6. BAD SPEED PLAY
7. CANDY
8. BASS solo
9. MASTURBATING SMILE
10. FASTER BEAT
11. HELLO,CP ISOLATION
12. YA-YA-YA!
13. ROCK'N'ROLL
14. C.Y.HEAD
15. Suck! Me!
16. 後遺症
17. LAST PLEASURE
<アンコール1>
18. Hate
19. See A Pink Thin Cellophane
<アンコール2>
20. S.O.S.
21. カマキリ burst ver.
22. SICK burst ver.
<アンコール3>
23. Like @ Angel

■清春オフィシャル・サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon