あ☆ぅん、プロデューサー・野口五郎と一緒に神頼み

ツイート
2月4日にシングル「神頼み」でメジャー・デビューした双子ユニット“あ☆ぅん”が、2月3日、プロデューサーでもある野口五郎とともに湯島天満宮にてヒット祈願イベントを行なった。

野口五郎と“あ☆ぅん”の匠、匡は、まず湯島天満宮本殿でヒット祈願の祈祷を受け、その後で、特設ステージ前に300名の観衆が集まる中、節分祭恒例の豆まきに参加し、デビュー・シングル「神頼み」を初披露した。

「神頼み」のラップ部分は、プロデューサーである野口五郎の人生経験からヒントを得て作詞。受験や恋愛、はたまた選挙や就活まで、神頼みしたいシチュエーションに効く(?)“聴くお守り”として注目を集めそうだ。

デビュー39年にして初プロデュースを手掛けた野口五郎は、トラックダウンも自ら行なうこだわり派。そんな五郎はあ☆ぅんについて「1万曲のデモテープの中から見つけた逸材!」と太鼓判を押している。ちなみに、野口五郎は芸能界きってのギター・フリークで、音楽への造詣が深いことでも知られている。

あ☆ぅんの匡は、「デビューシングル「神頼み」が売れることを神頼みしたい!」と話し、自らヒットを神頼みしたようだ。

◆あ☆ぅんレーベル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報