MALCO、2年振りのアルバムは“泣き歌”満載

ツイート
2005年、ドワンゴのCMタイアップ曲「男はバカなのか俺がバカなのか」でユニバーサルシグマよりメジャーデビューし、板尾創路とのコラボレーションなどで話題になったMALCOが、約2年の沈黙を経て待望のニュー・アルバム『キスとパンパカ』を2月4日にリリースした。

◆「パンパカパンの日曜日」PV
◆『キスとパンパカ』試聴

今回はインディーズからのリリースとなるが、MALCOの最大の武器である“泣ける”歌詞とメロデイは、2年の歳月を経て更にパワーアップ。切なくほろ苦い恋愛模様や心の機微を表現した“泣ける”楽曲が満載だ。

そんな本作は、業界関係者からも評判で、収録曲のタイアップが連続して決定。

M-12「ぼちぼち~死ぬまで☆青春~」は関西テレビの人気バラエティ番組『ナンボDEなんぼ』の1~3月クールのエンディング・テーマに。M-1「パンパカパンの日曜日」は、同じく関西テレビの音楽番組『音エモン』の2月度PICK UP、ならびにテレビ埼玉『HOT WAVE』2月度オープニング・テーマに決定。M-2「今は昔」は、テレビ埼玉のNEWS番組『NEWS 930』1~3月クールのエンディング・テーマに決定している。

MALCOは、2月19日(木)に新宿レッドクロスでレコ発ライヴを行なう。人生色々、泣きたくなるようなつらいこともあるけれど、MALCOを聴いて、泣いた後は豪快に笑って頑張っていこうではないか。

<キスとパンパカ・レコ発企画>
2月19日(木)新宿レッドクロス
MALCO/スキップカウズ
OPEN/18:30 START/19:00
前売り\2,300/当日\2,500(+ドリンク代)
※出演者によるDJ有り
※来場者全員にMALCO新曲CDRプレゼント☆
[問]03-3202-5320(red cloth)

◆iTunes Store MALCO(※iTunesが開きます)
◆MALCOオフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報