マリオ、ゼルダ…DSiソフト「Pico Pict-Art Style-」がピコピコ面白い

ツイート
1月28日に発売されたニンテンドーDSiソフト「Pico Pict -Art Style-」がにわかに話題となっている。

ニンテンドーDSiからアクセスする「ニンテンドーDSiショップ」で購入可能なこのゲームは、たとえるなら “新テトリス”。色とりどりの小さなブロック(=ピクト)を動かし、上から降ってくるデカピクトと同じ色同士で組み合わせて消す。ピクトを消していくと、上画面にはマリオやクッパ、ゼルダなど往年のキャラクターのドット絵が表示されていき、このドット絵を完成させるとステージクリアーとなる。

ゲーム自体も飽きのこないパズルゲームで楽しめるのだが、特筆すべきはBGM。実はこのゲームのBGMには、「スーパーマリオブラザーズ」や「ゼルダの伝説」「エキサイトバイク」といった昔のファミコンゲームの音楽が新たにアレンジを施されて使われているのだ。これが素晴らしいアレンジで、小学校から帰るとまずファミコンだったアラサー世代、そしてそれ以上の“A、Bボタンが四角形いゴム製だった”世代はノスタルジックな気持ちになること間違いなしだ。

しかもこのゲーム、ミュージックプレイヤーにもなり、ゲーム中に出てくるコインと交換する形でBGMの楽曲を普通に聴いて楽しむこともできる。本体を閉じた状態でもプレイヤーは機能するので、ピコピコ8ビットサウンドの “新しいマリオ” や “新しいエキサイトバイク” の曲を聴きながら通勤・通学するなんてことも可能だ。

「Pico Pict -Art Style-」の音楽アレンジを担当したのは、ファミコンサウンドで音楽を奏でる「チップチューン」というジャンルの第一人者、YMCK。
海外などでも活躍する彼ら。2008年はバラエティー番組などでも彼らのサウンドが多く取り上げられたほか、2009年1月には、お料理番組のテーマソングや料理に関係ある楽曲をファミコンサウンドでリメイクしたアルバム『ファミリークッキング』もリリースされた。

◆アルバム『ファミリークッキング』の収録曲一覧

動画投稿サイトなどを通じて、昔のファミコン時代のゲームへの再評価も熱い昨今、このゲームとともに、新しい音で蘇る、懐かしい曲に触れてみてはいかがだろうか。

ちなみに「Pico Pict -Art Style-」はニンテンドーDSiウェアなので、「ニンテンドーDS」「ニンテンドーDS Lite」では遊べない。また、同ゲームは500 DSiポイントでダウンロード可能。任天堂では、「ニンテンドーDSi」を購入し、2010年3月末までにニンテンドーDSiショップへ接続したユーザーに、もれなく1000 DSiポイントをプレゼントするキャンペーンを現在行なっているので、ちょっと気になる人は、この機会に「ニンテンドーDSi」を購入してみてはいかがだろうか。

◆iTunes Store YMCK(※iTunesが開きます)
◆YMCK オフィシャルサイト
◆「Pico Pict -Art Style-」紹介ページ(任天堂)
この記事をツイート

この記事の関連情報