90年代のハードロック界を支え、そのポップなメロディセンスとハードサウンド、そして超絶技巧のテクニカルな演奏で人気を博したMR.BIGのオリジナルメンバーでの再結成&来日公演決定の速報はお知らせしたとおり。

そのMR.BIGの4人が来日し、2月9日、東京・六本木のハードロックカフェで記者会見を開くと同時に、アコースティックライヴを敢行。詰め掛けた報道関係者などをうならせた。

記者会見では、13年ぶりにオリジナルの4人のメンバーが2階席から登場。全身にカメラマンのフラッシュを浴びせられた4人は満面の笑み。あちこちからかかるカメラマンの声に反応し、それぞれのポーズを決めていく。

壇上に勢揃いした4人は、時には真摯に、時にはユーモアをたっぷり交えながら、次々に繰り出される質問に回答。そもそも今回の再結成のキッカケは、「僕のライヴにビリー(・シーン)とパット(・トーピー)が来てくれてんで一緒にジャムったんだ。エリックはサンフランシスコに住んでるから、そこには来られなかったんだけど。その時に、凄く楽しくて、エリックがいてくれたら、もっといいのにって思ったんだ。それが再結成のきっかけだね」と、ポール・ギルバート。

解散後に色々なバンドやソロとして活動してきたヴォーカルのエリック・マーティンも、MR.BIGでの活動が一番印象に残っているとのことで、「MR.BIGが解散してから色々な活動をしてきたけど、MR.BIGほどの情熱を感じたことはなかった。そして、解散して初めて、このメンバーの素晴らしさが本当の意味でわかったと思うんだ。彼らがいかに才能に溢れたミュージシャンなのかってことがわかった」と熱く強調していた。

パットは終始ニコやかに応対、またビリーも他メンバーの発言に絡んでったりと、終始和やかな雰囲気で会見は進められた。

今回の再結成では、6月に北は北海道から南は福岡まで日本を縦断する来日公演を敢行すると同時に、この公演を収録したライヴCDとDVDが、WHDエンタテインメントから発売されることも併せて発表された。ハードな中にも最上のポップセンスを内包した楽曲、超絶技巧を繰り出すライヴでのパフォーマンスにも定評のある彼らのこと、サイコーに楽しいライヴを見せてくれることは間違いない。このライヴ盤も楽しみだ。

また、ファンとメンバーで選曲し創り上げる究極のベスト・アルバムがワーナーミュージック・ジャパンから4月22日に発売されることも発表された。これは、再結成のムーブメントに、日本のファンにも参加し、一緒に楽しんでもらいたいというメンバーの意向により実現したもの。ファン投票は、近日オープンするワーナーミュージック・ジャパンのWEBサイトを通じて募集が受付られるとのことだ。

そして、記者会見の後には、4人でのアコースティック・パフォーマンスが披露された。「Daddy, Brother, Lover, Little Boy」、「Green Tinted Sixties Mind」、「Wild World」、「Alive and Kickin'」の4曲のヒット曲をプレイ。数時間前に短時間のリハで合わせただけというのに、13年ぶりとは思えない息もピッタリのパフォーマンスで、誰よりも彼ら自身が一番楽しんでいる様子が感じられるパフォーマンスだった。

6月が待ち遠しくてならない。そんな期待に胸が膨らむMR.BIGの再結成劇だ。

<来日公演情報>
6月5日(金) 北海道厚生年金会館
6月7日(日) Zepp Sendai
6月9日(火) 石川厚生年金会館
 [問]ケィ・シィ・エス 076-224-4141
6月10日(水) Zepp Nagoya
 [問]CBCイベント事業部 052-241-8118
6月12日(金) Zepp Fukuoka
 [問]TSUKUSU 092-771-9009
 【インターネット先行予約】2/12(木) 11:00~3/14(土) 16:00
6月15日(月) グランキューブ大阪
6月18日(木) 大阪厚生年金会館
 [問]大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506
 【インターネット先行予約】2/10(火) 11:00~3/6(金) 18:00
6月17日(水) 広島・ALSOKホール
 [問]夢番地広島 082-249-3571
6月20日(土) 日本武道館
 [問]ウドー音楽事務所 03-3402-5999
  [総合問合せ]ウドー音楽事務所 03-3402-5999
◆ウドー音楽事務所
◆チケット詳細&購入ページ

◆iTunes Store Mr. Big(※iTunesが開きます)
◆ワーナーミュージック・ジャパン MR.BIGページ
◆WHDエンタテインメント

写真撮影:Yuki Kuroyanagi