ザ・リバティーンズ、レディングから再結成の依頼を受ける

twitterツイート
ピート・ドハーティが、ザ・リバティーンズがレディング/リーズ・フェスティヴァルから再結成のオファーを受けていたことを明らかにした。しかしながら、高額なオファーでピート自身は乗り気だったものの、カール・バラーが難色を示し断らざる得なかったという。

ピートは『NME』誌のインタヴューでこう話した。「レディングでヘッドラインをやらないかっていうバカげたオファーをもらった。こっちのフェスでヘッドラインやって200万ポンド(約2億7,000万円)、あっちでやって100万ポンド(約1億3,500万円)とかね。俺は“やったらいいじゃん、昔のバンドを復活させよう”って言ったよ。でも奴(カール)は“俺らは友達でいるべきだ。金のためだけじゃできない”って言ったんだ。だから俺は“いいよ、俺ら友達でいよう!友達でいて大金稼ごう”って答えたんだ。だって、俺金ないし、奴が文無しなのも知ってるからね」

しかし、カールはそんな友人に「エネルギー鑑定士に会いに行くべきだ」とアドバイスしたそうだ。ピートはこのように語った。「ニュー・エイジのリーダーだよ。エネルギーのレベルを見るんだって。俺が暗闇に取り囲まれてないかってね。もしそうだったら、俺はカールのそばに近づいちゃいけないんだ。奴のいいエネルギーをすべて吸い取って、奴の人生に暗闇をもたらしちまうから」

文無しピート関連ニュースとして、彼はタクシー会社に1800ポンド(約25万円)のツケがあるそうだが、彼が払えないのがわかったタクシー会社は、彼が制作した“血の絵”を売って支払いに当てることにしたという。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス