クオシモードと重鎮DJ、プレミアムパーティでパフォーマンス

ツイート
ブルーノート70周年を記念して<J-WAVE MODAISTA Blue Note 70th Anniversary Part feat. quasimode>と銘打ったプレミアム・パーティーが、2月10日(日)東京青山のベロア(velours)で行なわれ、クオシモードがスペシャル・ライブを実施、日本を代表するクラブDJも出演し、大いに会場を沸かせることとなった。

イケメン揃いでも知られる和製ジャズ・バンド、クオシモードは、2009年のブルーノート70周年を記念して、ブルーノートの名曲をカヴァーしたアルバム『モード・オブ・ブルー』を1月28日にリリース。現在ジャズ・チャートで2週連続1位を獲得(サウンドスキャン調べ)している今最も熱いジャズ・バンドだ。この日のライヴがアルバム『モード・オブ・ブルー』からの初ライヴ・パフォーマンス披露となった。

19時からスタートしたこのパーティーには、J-WAVE「MODAISTA」で募った応募総数1300通の中から選ばれたラッキーな50名と、EMIミュージック・ジャパンのwebサイトからの応募当選者、そして関係者ら約200名がつめかけ、会場は満員状態。“King Of Diggin’”ことMURO、沖野修也らのDJ陣からパーティーは幕を開けた。

ブルーノートの曲だけでDJプレイという、ここでしか聴けない贅沢な演出でオーディエンスを魅了した後、番組「MODAISTA」のパーソナリティを務めるアンドレア・ポンピリオの呼び込みでクオシモードが登場すると会場のテンションが一気にアップ、大きな盛り上がりの中で演奏がスタートした。サポート・メンバーを含めた6名の編成で臨んだクオシモードは、敬愛するブルーノートへ捧げた彼らのオリジナル曲「mode of blue」から始まり、「On Children」「Congalegre」「The Loner」「Afrodisia」といったクラブ・シーンでヒットしたブルーノート名曲を演奏。全員がダークなスーツで決めたクールでスタイリッシュなビジュアル、踊れるノリのよさを重視したアレンジ、印象的なテーマ、熱い演奏で約50分にわたり観客を魅了、彼らの魅力が十分に発揮されたライヴとなった。

パーティーはその後、レコード番長こと須永辰緒のDJタイムを経て22時に終了。ブルーノートの名のもとに集結したクラブ界の重鎮DJとクオシモード、そして彼らのファンにとって記念すべき素晴らしい1日となった。クオシモードはアルバム『mode of blue』のリリース・ツアーとして、3月3日ビルボード大阪、3月4日ビルボード福岡、3月19日名古屋ブルーノート、3月22日ブルーノート東京でライヴを行なう。

●クオシモード
アルバム『mode of blue』
絶賛発売中 TOCT-26657 税込¥2,800
<『mode of blue』 リリース・ツアー>
3月3日(火)ビルボード大阪
3月4日(水)ビルボード福岡
3月19日(木)名古屋ブルーノート
3月22日(日)ブルーノート東京
◆クオシモード・ウェブサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報