分島花音登場に、パリ熱狂

twitterツイート
2月18日、元MALICE MIZERのMana(MALICE MIZER~Moi dix Mois)がプロデュースするクラシック・ロリータのチェロ・ボーカリスト、分島花音(ワケシマカノン)の1stアルバム『侵食ドルチェ』がリリースされた。

クラシックの要素とエレクトロニカが不思議に融合したサウンドと、そのミステリアスさがゴシック・ロリータ(通称ゴスロリ)のファン層を中心に話題を呼び、オリコン・デイリー・チャートでは初登場19位(2月18日付)を記録した。

急激に注目を集めだした分島花音だが、このムーブメントは一足早く海外で起きていた。

アニメや“visual-kei”(ヴィジュアル系)を中心としたジャパン・ブームが過熱するフランス・パリにおいて、visual-keiの第一人者かつゴシック・ロリータの教祖として、現地でも絶大な人気を誇るのがMana。そのManaのプロデュースである上に、ヨーロッパ全土で大ヒット中のコミック「ヴァンパイア騎士」のアニメ版主題歌を歌うアーティストというだけあって、ヨーロッパの有力レーベル4社間で分島花音の争奪戦が勃発するほどだった。

そうした注目度が増している中で、ヨーロッパ全域で2月11日に先行発売。このヨーロッパ全域先行発売にあわせ、総店舗数200店を超えるフランス最大のCDチェーン「FNAC」のシャンゼリゼ店では、2月11日当日にインストア・ライヴが実施された。

◆分島花音、パリで動員&売り上げ記録を更新~写真編~

FNACのシャンゼリゼ店といえば、過去にマドンナやガンズ・アンド・ローゼズもパフォーマンスを行なったことがある由緒あるステージ。

会場には、パリでのジャパン・ブームの熱狂ぶりを指し示すかのごとく、オーディエンスが殺到。500人以上を動員し、FNACシャンゼリゼ店のインストア・イベント動員記録を更 新してしまった。さらに、当日のアルバムの売上も300枚を超え、同店舗での単日/単体商品の売上として史上最高の記録をたたきだした。FNACチェーン全体の経営陣もこのイベントに来訪しており、その記録的な反響に感嘆すると共に、分島花音、そしてジャパン・ブームへの認識を新たにしたという。

今回の驚くべき分島花音の人気ぶりについて、関係者は「ヨーロッパにおいて日本のポップカルチャーを語る際に重要な3つのキーワードである“ヴィジュアル系”“マンガ・アニメ”“ゴスロリ”その全てを分島花音は見事に満たしており、チェロ・ボーカリストという独自の音楽性がヨーロッパの音楽と日本のポップ・ミュージックをまたぐ絶妙なバランスを秘めていたからではないでしょうか」と語る。

インストア・イベントの翌日、2月12日には、パリでも有数の由緒あるライヴスペース“ベルビロワーズ”でもライヴを敢行。MTVフランスをはじめとするフランスのテレビ局4社と雑誌社10社以上の取材対応に追われた。

◆分島花音
「はじめてのパリの地で不安はありましたが、たくさんの人が集まってくださりびっくりしました。そして、私のライヴを楽しんでいるパリの皆さんを見ることができて、とても嬉しかったです。パリの空気は、芸術を心から楽しもうという気持ちでいっぱい。そんなパリの空気の中で、ライヴをやらせて頂けたことは、とても刺激になり勉強となりました。フランス語をもっと勉強して、是非また近いうちに、パリでライヴをやりたいです。さらに、ヨーロッパをライヴツアーでまわるのが夢です!」

◆Mana
「まだ、デビュー間もなく、コンサート経験も少ないので、初の海外公演はどうなるのだろうと、正直、少々不安があった。だが、蓋を開けてみると、多くの人が集まり、大声援をあび堂々としたステージングで、パリの人々を魅了する彼女を見て、ほっと胸を撫で下ろした。大胆かつ繊細な歌声とチェロプレイに、歓喜の声が場内に響き渡り、初の海外公演は最高のものとなった。今回リリースした1stアルバム「侵食ドルチェ」で分島花音の幕は上がったばかり。後は、チェロボーカリストとしてのアイデンティティーを更に開花させ、新たな時代を作っていって欲しいと思う。」

◆分島花音オフィシャル・サイト
◆Manaオフィシャル・サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon