布袋寅泰とLOVEがデュエット、きっかけは布袋の“LOVEコール”

twitterツイート
2008年末に開催されたDREAMS COME TRUEによる冬のツアー<WINTER FANTASIA 2008 ~ DCTgarden “THE LIVE!!!”>でドリカムと対バンし、男勝りなギターと真っ直ぐな歌声で観客を圧倒したシンガー・ソングライターのLOVEが、2月18日にリリースされた布袋寅泰のニュー・アルバム『GUITARHYTHM V』に参加していることがわかった。

LOVEは、2007年3月に「過ちのサニー」で配信デビュー。2007年夏に開催されたDREAMS COME TRUEの4年に1度のグレイテストヒッツライヴ<DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2007>のバッキングヴォーカルオーディションに3,000名の中から合格し、全国のドームを含む9都市12公演に参加するなど、確かな実力を持つアーティストだ。1月14日には2ndアルバム『Confetti Love Songs』をリリースしている。

◆ 「過ちのサニー」PV映像

今回、LOVEの1stアルバム『Embryo Love Songs』(2007年12月5日発売)を聴いた布袋が、LOVEに“ラブコール”をしたことで『GUITARHYTHM V』への参加が決定。LOVEは、10曲目に収録されている「BEAUTIFUL MONSTERS」に参加している。

レコーディングは布袋のスタジオで行なわれた。布袋と森雪之丞が作詞作業をする中、緊張と興奮を胸にスタジオを訪れたLOVEは、スタジオ全体を包み込む穏やかでクリエイティブな雰囲気に、自然と集中して歌うことができたという。

レコーディング終了後、スタジオで一緒に食事をしたというLOVEは、「布袋さんはご家族や娘さんの話をすごく楽しそうにお話されていたのが印象に残っています。私自身が布袋さんの過去の作品を聞いていてギターの音に感激していたことなど、肝心な尊敬している彼の音楽についての話はあまりできず、私がF1が好きだというお話などフランクな話題が多かったように思います。しかしながら、そこはクリエイターでありミュージシャンである者同士、語るよりもレコーディングが進んでボーカルを構築して行く自体が、何よりのコミュニケーションでした!」と語っている。

「BEAUTIFUL MONSTERS」は、布袋とLOVEによる新たなデュエット作品。アルバム『GUITARHYTHM V』は、2/19付のiTunes Storeアルバムチャートで1位を獲得している。

今後LOVEは、3月8日、14日、15日にワンマンライヴ<Confetti Love Songs Live 2009>を、布袋は4月27日のウェルシティ東京を皮切りに、全国ツアー<GUITARHYTHM V TOUR>を行なう。

『GUITARHYTHM V』
TOCT-26795 ¥3,000(tax in)
2009年2月18日発売

◆iTunes Store 布袋寅泰(※iTunesが開きます)
◆LOVEオフィシャルサイト
◆GUITARHYTHM特設ページ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス