モーリス・フルトン、六本木マドラウンジでイベント

ツイート
グランドマスター・フラッシュに影響を受けターンテーブルに魅了され、その後それ以外のものに振り向くことはなかったというモーリス・フルトン。13歳の頃からすでにDr Scratch名義でヒップホップDJとして活躍しており、未だ最前線にて常に実験的音楽を世に送り出している奇才プロデューサーの彼が、UKより来日し、六本木ヒルズのマドラウンジに初登場することが決定した。

モーリス・フルトンは、Basement Boysの一員としてUltra NateやCrystal Watersのプロデュースに携わり、“Warp”をはじめ、良質な名門レーベルより様々な名義にて作品をリリース。自身のレーベル“Bubble Tease”を立ち上げ、プロデュースしたパンク・ボーカリストMUのシングル「Paris Hilton」は、ビョークを筆頭に世界中を圧巻した。

2008年には自身のプロデュースによるバンド、Syclopsのアルバムが“DFA”よりリリースされ、すでに高い評価を受けています。クラウドを熱狂させフロアを魅了するモーリス・ワールドが、マドラウンジで繰り広げられることだろう。

<LET MY PEOPLE GO!>
2009年3月21日(土)
@ミュージアムカフェ「マドラウンジ」(六本木ヒルズ、森タワー52F)
GUEST DJ:MAURICE FULTON(From UK)、MOODMAN
DJs:KEI(MIST the party/DL)、TKASHI(MIST the party/DL)、Yosh de perm(b4e)、TSU→(Moov/trip)、TOMOMI(is-ness)
◆マドラウンジ・ウェブサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス