レゲエ・ヒップホップバンド、チャプター11のプレミアム・サウンド

ツイート
ヒップホップのビートと歌詞をベースに、ダンスホール/ルーツ・レゲエのリズムやメロディをミックスしたオリジナル・スタイルに、個性のあるMCがそれぞれスタイルでメッセージを発するバンド、チャプター11。そもそもは、かれこれ10年前、ロングビーチ出身のミュージシャンやDJ仲間が集まり、ガレージでジャム・セッションをしているうちに自然と結成されたバンドだ。

2006年1月に1stアルバム『ライブ・アンド・ダイレクト』をリリース。同年25周年を迎えた由緒あるレゲエ・フェス<ボブ・マーリー・フェスティバル>や<レジェンド・オブ・ラスタ・レゲエ・フェスティバル>に招待され、レゲエの大御所達とステージを共にし人気急上昇。2007年2月に2ndアルバム『ゴーイング・フォー・ブローク』をリリース。メンバーの核であったジョー・チャング(Key)が癌治療の為に一度は脱退するものの、完全復活を果たし楽曲作りから参加、前作を更に上回る出来を誇る3rdアルバム『プレミアム・ブレンド』の完成となった。

◆『プレミアム・ブレンド』試聴

『プレミアム・ブレンド』ではロング・ビーチ・ダブ・オールスターズ(LBDA)のティム・ウーがサックスで参加。その他にも、サブライム、LBDA、スライトリー・ストゥーピッドのファンなら誰もが知る、Field Marshallや、スカンク・レコーズのPhileano、ジャマイカン・レゲエシンガーのBobo Davidといった多くの豪華ゲストが参加している。

これまでもメンバーの増減を経験してきたバンドだが、今回は史上最多人数となりバンドの名前とも重なる11人体制。アルコール度11%、レゲエ11%、ヒップホップ11%の割合で含有された銘柄“チャプター11”のまさに「プレミアム・ブレンド」。踊れて、歌えて、心に残る楽曲揃いのプレミアム・サウンドをいかがですか?

◆iTunes Store チャプター11(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報