チベット支援コンピに、最強のオルタナティヴ・アーティスト18組大集結

twitterツイート
難波章浩(Hi-STANDARD、ULTRA BRAiN)が発起人となり、チベットの自由支援の為に制作されているベネフィット・コンピレーション・アルバム『ソングス・フォー・チベット・フロム・ジャパン』の全収録楽曲が決定した。

日本の音楽シーン史上、かつてないほどの最強のオルタナティヴ・アーティスト18組が大集結し、チベットの自由支援の為に立ち上がった当作品、ラインナップを見るだけで、相当の期待が出来る作品となったようだ。18組は以下の通り(順不同)。

『ソングス・フォー・チベット・フロム・ジャパン』
3月25日(水)発売 2600円(税込)TRUB-1
・あふりらんぽ/「あふりらんぽウォーーー!!」
・ULTRA BRAiN/「ヒマラヤは泣いている」(新曲)
・CUBISMO GRAFICO/「WORLD IS YOURS」
・COKEHEAD HIPSTERS/「PEOPLE TO PEOPLE」
・CORNELIUS/「LIKE A ROLLING STONE」
・SHINICHI OSAWA/「OUR SONG」
・TURTLE ISLAND/「A HOpe」(新曲)
・dj KENTARO/「HARVEST DANCE feat. HIFANA」
・DJ BAKU/「DHARMA feat.いとうせいこう」
・DISCHARMING MAN/「THE END」
・HAWAIIAN6/「Freedom Train」
・BRAHMAN/「ARRIVAL TIME」
・THA BLUE HERB/「SUCH A GOOD FEELING」
・細野晴臣/「恋は桃色」
・BOREDOMS/「3」
・MONGOL800/「琉球愛歌」
・RIZE/「heiwa」
・WRENCH/「dcdc -feat.HIFANA-」

本CD『ソングス・フォー・チベット・フロム・ジャパン』は、チベット動乱の為、ダライ・ラマ法王がインドに亡命政府を設立後50年が経過する、2009年3月25日に発売される。本作品の収益の一部は、海外版『ソングス・フォー・チベット』と同様、アート・オブ・ピース財団を通じ、ダライ・ラマによる平和推進活動を基盤にした事業の支援に使われる。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報