朝の連ドラ「だんだん」登場の「いのちの歌」、茉奈 佳奈がリリース

ツイート
SJ(スイートジュノ)が分解してしまった後も、一条のぞみは康太のマネージメントで孤軍奮闘していたものの、遂に夢花として京都・祇園に戻ることになった。めぐみも看護師をめざし介護福祉士としての毎日を過ごす。もうシジミジルのハーモニーを聞かせるオリジナル・ソング「いのちの歌」が歌われることはないのだろうか…と、まあ、これはNHKの朝の連ドラ「だんだん」の中のお話なわけですが…。

茉奈 佳奈が出雲大社東京分祀にて「いのちの歌」のヒット祈願イベントを2月22日(日)に行なった…というのは、これ、リアルな話。そう、ドラマ「だんだん」のなかで茉奈 佳奈の演じる双子歌手SJの幻のオリジナル曲「いのちの歌」が、ユニバーサルミュージックからリリースされたのです。

◆朝の連ドラ「だんだん」登場の「いのちの歌」、茉奈 佳奈がリリース ~写真編~

宮司さん、巫女さんはもちろんのこと、オフィシャルサイトで募集したファン24名も同席し、厳かな雰囲気の中、正式な祭事に則って行なわれた「いのちの歌」ヒット祈願。神妙な面持ちでご祈祷を受けた茉奈 佳奈は、お祓い・祝詞・玉串拝礼・お神酒…と終始緊張ムード。とはいえ、お神酒を一気に飲み干し2人で顔を見合わせてニッコリ微笑む場面も。

その後は、2月18日にリリースとなった「いのちの歌」を茉奈のギターの演奏で熱唱。宮司さんによると「ここで演奏を行ったのは初めて」とのことだったが、神聖な場に2人のハーモニーが心地よく響きわたった。

「(NHK朝の連続ドラマ)「だんだん」の主題歌を歌っている竹内まりやさんもここで挙式をあげたと聞いて、とても縁を感じます」と茉奈。“明日はお誕生日ですね”という記者からの問いかけに対して「あ!そーだ!」と2人見事なハモリをみせる。「だんだんチームがお祝いしてくれるんです。贅沢ですよね!」と楽しみにしている様子だった。

ドラマの撮影クランクアップ日にはサプライズゲストとして竹内まりやが現れたのだという。「本当に良い歌だから歌い続けて紅白目指してって何度も言っていただけました」と興奮ぎみの茉奈 佳奈は、記者から“2009年第1号の紅白宣言ですね”との問いに「いやー(笑)でも、皆さんに親しんでもらいたい曲なので頑張ります!」と前向きな紅白宣言で笑顔を見せた。

◆iTunes Store 茉奈 佳奈(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報