“ホームレス・シンガー”ミシカが全米ビルボードレゲエチャート1位を獲得

ツイート
3月4日に日本でもリリースされる、“現代のボブ・マーリー”ことミシカの4年ぶりとなるニューアルバム『アバッヴ・ザ・ボーンズ』。一足先にアメリカでリリースされたこのアルバムが、2月19日付けの米「ビルボード・レゲエ・チャート」でいきなり初登場1位を獲得した。

◆アルバム『アバッヴ・ザ・ボーンズ』の全曲試聴&CD情報

発売週にはレーベルオーナーで俳優のマシュー・マコノヒーと共に米国4大ネットワークのひとつである、ABCの人気高視聴率番組、『Jimmy Kimmel Live!』に出演。オバマ大統領も選挙キャンペーン中に出演したというこの番組で、タイトル曲「アバッヴ・ザ・ボーンズ」を熱唱するなど、精力的にプロモーションを展開したのが攻を奏した模様だ。

彼の“先祖の存在や彼らの人生を認識し、今の時代を生き抜くヒントを見つけ出さなければならない”という『アバッヴ・ザ・ボーンズ(Above The Bones)』のアルバム・メッセージが、未曾有の経済危機に瀕しているアメリカ国民の心にダイレクトに響いたのであろう。

若い頃のほとんどを40フィートの帆船の上で暮らしてきた“ホームレス・シンガー”のミシカ。現在もカリブ海の島などで暮らしているという、この“大きな音楽の流木”の歌声が日本人の心の浜辺に流れ着くまで、もう間もなくだ。

◆iTunes Store ミシカ(※iTunesが開きます)
◆ミシカ・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報