高井俊輔、80'sワールドを現代に蘇らせる超新星シンガーソングライター

twitterツイート
この21世紀にとんでもないシンガーソングライターが登場した。名前は高井俊輔。写真を見ていただきたい。これは明らかに故松田優作のコピーだ。なぜこんな格好をしているのだろう、どんな歌を歌うのだろう、真面目なのか、単なるパロディなのか、全身にまとわり付くキッチュな雰囲気からはその真意が見えない。

ところが楽曲を聴いてみると、妙にその説得力に納得しちゃうんである。彼が作り出そうとしているのは、あの輝かしい80年代のポップミュージック。ロックもジャズもパンクもブルーズもディスコもすべてが混ざり合って混沌とし、世界のどこにも無い日本だけの音楽現象をクリエイトしていた、まさにあの時代が持っていた空気なのである。

リリースされた1stミニアルバムのタイトルが『フレッシュでクールでキュートでクラッシュなジーパンでデジャヴュ』という、まさになんでもあり。80年代のキーワードを全体に散りばめ、それが21世紀から見るとデジャヴュなのだという。サンバのリズムがアッパーな雰囲気を醸し出し、見栄っ張りで強がりな男心を歌う。その声がまたメロウでよいカンジなのである。つまり泣かせる。

田淵ひさ子、深澤秀行、小野瀬雅生、澤野博敬、野沢裕幸などなど、彼の才能を認めた数多くのミュージシャンが集まり、寄ってたかって彼をサポート。クールでデジャヴュなサウンドを構築し、高井俊輔の世界観を徹底的に具体化しているのだ。

高井俊輔の本気度は、4曲目に収録されている80年代を象徴するロックバンドSHOGUNのカヴァー曲「男達のメロディー」を聴けば一目瞭然。この曲をこんなにもリスペクトし、ここまでカッコよく真剣に歌えるシンガーはそうはいない。

ダンサブルなのにクール、キュートなのに男らしい。相反する世界を見事に描き出す才能。これは21世紀にもたらされた福音なのだ。

音源はマイスペースで公開されているので、ぜひそちらで聴いてもらいたい。

◆高井俊輔オフィシャルサイト
◆高井俊輔MySpace
◆iTunes Store 高井俊輔(※iTunesが開きます)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon