長谷川理恵、ジェイソン・ムラーズとウクレレ共演

ツイート
マラソン、サーフィンなどスポーツ万能で、野菜ソムリエの資格を持つことでも有名な長谷川理恵が、2月24日(火)、満員のC.C.Lemonホールで行なわれたジェイソン・ムラーズの来日公演に出演し、アンコールでジェイソンのシングル「アイム・ユアーズ」を、最近はまっているというウクレレで一緒にプレイした。

◆長谷川理恵、ジェイソン・ムラーズとウクレレ共演 ~写真編~

共にサーファーとして、ハワイ好きとして、ヘルシーライフ推進者(長谷川理恵は野菜ソムリエ、ジェイソンは現在、全米のセレブの間で人気のローフード・ダイエットを行なっている)として、共通点の多いのが、ジェイソン・ムラーズと長谷川理恵なのだ。

2人が出会ったのは2008年5月。ジェイソンがアルバム・プロモーションのために来日し、丸の内のマルビルで行なったアコースティック・ライヴに長谷川理恵がジェイソンを観にやって来た。2人は楽屋で軽く立ち話をし、サーフィン話で意気投合したのだという。

2008年8月にフジロック出演とジャパン・ツアーでジェイソンが再来日をした際に、渋谷AXで行なわれたライヴで2人は再会するなど交流を深める中、2009年2月にジェイソンの再来日公演が決定。その話を聞いた長谷川理恵が、最近ウクレレに力を注いでいるという事から、ジェイソンに一緒にウクレレで共演してみたいとラブ・コール。もちろんそのラブ・コールを断る理由など全くないジェイソンは、喜んでこの共演を快諾したというわけ。

ジェイソンが「ハワイの風を運んでくれる友人が来てくれています!」と長谷川理恵をステージに呼び込むと、突然のビッグなゲストに会場はヒートアップ。ウクレレの音色と爽やかなドレスでステージにハワイの風と共に花を添えた。
この記事をツイート

この記事の関連情報