SBK、約5年半を一気に縮めた夜

ツイート
SBK(スケボーキング)の東京でのワンマン・ライヴが、恵比寿リキッドルームで行なわれた。

約5年ぶりの最新アルバム『RETURNS』を引っさげてのワンマン・ライヴということもあり、Makoto Sakurai(Dragon Ash)、Kj(Dragon Ash)、VERBAL(m-flo)という強力ラインナップも応援に駆け付けた。

◆SBK、約5年半を一気に縮めた夜 ~写真編~

ライヴ開場前から、SBKの復活ワンマンライヴを待ちきれないファン約900名が一気に恵比寿リキッドに押し寄せ、入場整理に時間を有し開演が予定より30分遅れるというハプニングがありながら、ライヴが始まると会場は一気にヒートアップ。

「5年半ぶりに帰ってきましたSBKです。またこういう場所に立てることを嬉しく思います」と語ると会場からは大きな拍手と声援が上がる。ライヴは新作を中心に小田和正の「ラブストーリーは突然に」をサンプリングしオリコン10位を記録した「TOKYO LV」や、Kjとのコラボレーション「episode Vfeaturing Kj」などの話題作を含めて全19曲をたっぷり披露、アンコールも含めて約1時間半に渡り恵比寿リキッドを超満員に埋め尽くした約900名のファンで大盛況にて幕を閉じた。約5年半という空白の時間が一気に縮まってしまった一夜となった。

<SBK(スケボーキング)LIVE TOUR “RETUNRS”>
2009年2月26日(木)@リキッドルーム
※ゲストアーティスト:Makoto Sakurai(Dragon Ash)、Kj(Dragon Ash)、VERBAL(m-flo)
1.intro
2.Stone age
3.EASY
4.load the disc featuring VERBA
5.turn it up
6.revivabble
7.ANOTHER
8.slash/slash
9.cassette
10.LADIES DON'T FIGHT~ Divorce
11.elegy train
12.CALM DOWN DEAR
13.Devasteted
14.episode V featuring Kj
15.TOKIO LV
16.Figure it out
17.Sabbath
ENCORE
N1.u and i
N2.Child's Replay

◆iTunes Store SBK(※iTunesが開きます)
◆SBKオフィシャルサイト
◆SBKオフィシャルサイト(BMG JAPAN)
この記事をツイート

この記事の関連情報