オアシス、過去の行動が問題となり中国公演が中止に

ツイート
2009年4月に予定されていたオアシスの中国公演が中止となった。ノエル・ギャラガーの過去の行動が問題となり、当局が公演許可を撤回したという。

とはいえ、ノエルがなにか不謹慎なことをしていたわけではない。中国政府は最近、彼が1997年にNYで行なわれたチベット解放支援コンサートでパフォーマンスしていたことに気づいたという。

BBCによると、コンサートのチケットは公演許可、入国許可ともに問題ないとされた後で発売されていたという。バンドは、当局の決断に「大変、ガッカリしており」、中国政府が「考え直してくれることを期待している」との声明を発表している。

中国がチベット問題に対し神経質になっているのは周知の通り。2008年、ビョークが上海公演で「チベット解放!」と叫んだものの、国内のメディアは全く取り上げなかった。

オアシスは北京、上海でのギグを予定しており、彼らにとって初の中国公演となるはずだった。香港でのギグは予定通り行なわれるという。

<OASIS 2009 JAPAN TOUR>
3月18日 日本ガイシホール (旧:レインボーホール)
3月22日 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
3月24、25日 インテックス大阪 5号館
3月28、29日 幕張メッセ国際展示場
◆チケット詳細&購入ページ
◆iTunes Store オアシス(※iTunesが開きます)

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス