シアトルが生んだ期待のフリート・フォクシーズ、日本デビュー

twitterツイート
2008年、デビュー・アルバム『フリート・フォクシーズ』が海外の主要メディアで大絶賛を浴び、2008年最も評価された驚異の新人フリート・フォクシーズが、2009年4月8日、遂にここ日本でデビューすることになった。

米西海岸シアトル出身の5人組フリート・フォクシーズは、ニルヴァーナを輩出したことで有名な、地元の老舗インディレーベルSUB POPに所属。平均年齢23歳の若さながら、デビューと共に神秘的な風貌と、その美しいコーラス・ワークで聴くものを魅了、遂には、海外主要メディアの2008年度年間チャートを独占するに至った期待の新人だ。

ニルヴァーナ以降、シアトル出身アーティストとして世界中で最も評価されているフリート・フォクシーズは、早耳のオーディエンスによりここ日本でも輸入盤が大ヒットしているところに、日本盤登場のアナウンスである。デビュー・アルバム『フリート・フォクシーズ』に加え、アルバム発表前にリリースされた、デビューEP「サン・ジャイアント」(全5曲)も追加収録されている。更にその上でボーナス・トラックも収録され、初回スペシャルプライス2205円(税込)というお買い得盤になる。

『フリート・フォクシーズ+サン・ジャイアントEP』
2009年4月8日発売 TRCP-53
初回限定プライス:2205円(税込)通常盤:2520円(税込)
※初回盤のみ、紙ジャケット仕様
※日本盤のみ『サン・ジャイアントEP』(全5曲)とボーナス・トラックを収録予定

◆フリート・フォクシーズ・マイスペース
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報