玉置成実、ダンスフロア対応型リミックスベストアルバムをリリース

ツイート
Sony Music RecordsからユニバーサルJへ移籍を発表した玉置成実が、3月25日、移籍第一弾シングル「GIVE ME UP」と同時に、Sony Music Recordsからダンスフロア対応型の超強力リミックスベストアルバム『TAMAKI NAMI REPRODUCT BEST』をリリースする。また、アルバムに先駆けて3月11日より着うた(R)サイト「Sony Music Sound」にて先行配信もスタートとなった。

『TAMAKI NAMI REPRODUCT BEST』で大ヒットを記録したデビューシングル「Believe」のリミックスを手掛けるのは、ビッグビート、プログレッシヴ、そしてエレクトロと時代にマッチしたサウンドで常にトップを走り続け、最近ではマドンナ「4 Minutes」のリミックスがグラミー賞でノミネートされたDJ/プロデューサー、ジャンキーXL。また、シミアン・モバイル・ディスコ、デジタリズムのツアーに同行し絶賛を受けたマンチェスター出身の人気ダンスロックバンド、ザ・ウィップが「大胆にいきましょう↑Heart & Soul↑」のリミックスを担当している。

一方、国内からは2ndアルバムが好調のヒップホップシーンのスーパープロデューサー、DJ Deckstreamを筆頭に、DAISHI DANCEに続く大型新人として注目されているPAX JAPONICA GROOVE、そして1990年に石野卓球、ピエール瀧と共に電気グルーヴとしてデビューし、後に幾つものユニットを経て90年代初頭から日本のクラブシーンを築き上げてきたCMJK、その他、metalmouse、Oddity、applebonker、Dub Master Xといった実力派アーティストらも参加している。

玉置成実が今までリリースしてきた名曲に加え、新曲8曲を収録した全15曲で構成された本作は、彼女のファンはもちろん、クラブ/ダンスミュージック好きのリスナーにも是非とも聴いてもらいたい作品だ。

移籍による最新の玉置成実が花開いた「GIVE ME UP」、最新ミックスにより新時代の幕開けにふさわしい作品となった旧作の数々『TAMAKI NAMI REPRODUCT BEST』、そのどちらの作品も、次代を牽引する玉置成実が放つ尖鋭サウンド。是非チェックを。

◆玉置成実オフィシャルサイト
◆ソニーミュージック・ウェブサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス