CHEMISTRY、12のコラボの詳細が明らかに。そして13個目のコラボとは?

ツイート
CHEMISTRYのコラボレーション・アルバム『the CHEMISTRY joint album』が3月11日にリリースされ、全12のコラボレーションが明らかになった。

アルバム冒頭を飾るのは、“ロック番長”こと布袋寅泰を迎えたロック・チューン「SUPERSTAR」。現在、2009 TBS系プロ野球中継テーマ曲としてオンエア中の1曲だ。続く2曲目は、先行シングルとしてリリースされた古内東子とのコラボレーション「a Place for Us」。3曲目は日本テレビ系「ズームイン!!SUPER」「ズームイン!!サタデー」冬のお天気テーマとしてオンエア中の、ジェイク・シマブクロと宮本笑里とのコラボレーション「ALIVE」を収録。

そして、今作最大のサプライズといえば、芸人にしてベストセラー作家の劇団ひとりが作詞を手がけた新曲「キミマツボク」だろう。恋人を待つ男のロマンチックな妄想を劇団ひとりが見事に歌詞として綴っている。この他にも、JAZZシンガーのケイコ・リー、作詞家の森雪之丞、プロデューサーの大沢伸一やTomita Labともコラボレーション。

さらに、今最も注目を浴びる女性ラッパーCOMA-CHIや、世界基準のR&Bを作り続けるプロデューサーT.Kuraによるプロジェクト"GIANT SWING"、 石井マサユキ率いるTICAなど、新進気鋭のクリエーター陣ともコラボーションを実現させた。また、ユニコーンの名曲「自転車泥棒」のカヴァーにも、新たなコラボレーションの試みとして注目してほしいところだ。

まったく新しいCHEMISTRYの魅力が凝縮された『the CHEMISTRY joint album』は、聴き応え満点の12のコラボレーション作品…だが、実は密かに13個目のコラボも企画されている。

それは、六本木のミッドタウンにあるBillboard Live TOKYOとのコラボレーション。アルバム『the CHEMISTRY joint album』の購入者のみが応募でき、抽選で僅か50組100名だけが招待されるプレミアム・ライヴを3月28日にBillboard Live TOKYOで開催する事が決定しているのだ。

このプレミアム・ライヴの模様は、CHEMISTRYのオフィシャル・サイトにてライヴ中継も実施されるが、ライヴを見るにはアルバム『the CHEMISTRY joint album』が必要。詳しくはオフィシャル・サイト(www.chemistryclub.net)をご確認のこと。

<『the CHEMISTRY joint album』発売記念プレミアムライブ>
2009年3月28日(土) 開場:17:00 開演:18:30
@Billboard Live TOKYO(六本木 東京ミッドタウン内)

『the CHEMISTRY joint album』
2009年3月11日発売
DFCL-1542 ¥3,059
1. SUPERSTAR / CHEMISTRY×布袋寅泰 ※新録
  (a CHEMISTRY joint 065)
2. a Place for Us / CHEMISTRY×古内東子
  (a CHEMISTRY joint 063)
3. ALIVE / CHEMISTRY with ジェイク・シマブクロ×宮本笑里 ※新録
 日本テレビ系「ズームイン!!SUPER」「ズームイン!!サタデー」冬のお天気テーマ
 (a CHEMISTRY joint 062)
4. Instinct / KANAME×COMA-CHI ※新録
  (a CHEMISTRY joint 066)
5. Party Nite / KANAME×SHINICHI OSAWA ※新録
  (a CHEMISTRY joint 067)
6. キミマツボク / CHEMISTRY×劇団ひとり ※新録
  (a CHEMISTRY joint 068)
7. Why Baby feat.CHEMISTRY / GIANT SWING
  (a CHEMISTRY joint 055)
8. 月の舟 / CHEMISTRY
  (a CHEMISTRY joint 041)
9. RAINBOW / 堂珍嘉邦×ケイコ・リー ※新録
  (a CHEMISTRY joint 069)
10.アンドロメダ /堂珍嘉邦×TICA ※新録
  (a CHEMISTRY joint 070)
11.自転車泥棒 / CHEMISTRY
  (a CHEMISTRY joint 064)
12.ずっと読みかけの夏 feat.CHEMISTRY / Tomita Lab
  (a CHEMISTRY joint 036)

◆ケミストリー・オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス