オレスカバンド、STORY OF THE YEARと共演

ツイート
海外にも多くのファンを持つガールズ・スカ・ロックバンド“オレスカバンド”が、3月15日(日)、東京・お台場、ZEPP TOKYOにて国内外のアーティストが一堂に会したイベント<HURLEY NIGHTS vol.0>に出演した。

◆オレスカバンド、STORY OF THE YEARと共演

このイベントはファッション・アパレル“HURLEY”のブランド設立10周年を記念してHURLEY JAPANが主催したもので、STORY OF THE YEAR、MY LAST FALL等と共演し、大興奮のライヴを行なった。

オレスカバンドは2008年夏、全米最大級のパンク・フェス<WARPED TOUR 2008>に出演、日本人初となる全米46都市全公演でライヴを敢行している。その際に踏んだステージが、HURLEYがスポンサードした“HURLEY.comステージ”であった事がきっかけで、今回のスペシャル・イベントへの出演に繋がったという。

そうした経緯もあり、まさにアメリカでのライヴを彷彿させるステージを披露。新曲「What a Wonderful World」を含む、パワフルなパフォーマンスで観客を沸かせた。

オレスカバンドは、4月には、最強のラインナップで行なわれる奇跡のパンク・ロックフェスティバル<PUNKSPRING 09>への出演が決定しているほか、SUM41の単独JAPAN TOURのオープニング・アクトにも決定している。そして、4月15日(水)、ついに2枚連続リリース・ミニ・アルバム第2弾『What a Wonderful World! vol.2』(AICL-2020/\1,890)をリリースする。

このミニアルバムはvol.1、vol.2と題した連続リリース企画であり、2008年秋、日本で約1年半振りのリリースとなった『What a Wonderful World! vol.1』(AICL-2019/\1,890)と全米46都市を横断したパンク・フェス・ツアー<WARPED TOUR>に参加した模様をまとめたライヴ&ドキュメンタリーDVD『46 ORESKABAND~WARPED TOUR 2008~』(AIBL-9169/\3,990)が同時発売されており、今回のリリースがシリーズ完結盤となる。

3月18日(水)には、配信先行シングル第2弾として、「What a Wonderful World」の着うた(R)配信もスタート。そしてこのミニ・アルバムを引っさげてのワンマンツアー<What a Wonderful World Tour 2009>を4月18日神戸Varitからスタートする。

<オレスカバンド ワンマン What a Wonderful World Tour 2009>
4月18日(土)兵庫 神戸 VARIT
4月19日(日)京都 京都 磔磔
4月25日(日)愛知 池下 CLUB UPSET
5月2日(土)大阪 アメ村 BIGCAT
5月3日(日)東京 渋谷 クラブクアトロ
◆チケット詳細&購入ページ
◆オレスカバンド・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報