サスケ「青いベンチ」、5年目にして初の1位

ツイート
サスケの代表曲でもあり名曲のひとつ「青いベンチ」が、iTunes J-POPチャートで1位を獲得した。総合チャートでも3位を獲得しており(3月21日付)、ピュアな音楽好きから大きな支持を得ていることが分かるが、5年もの前の旧譜がiTunesチャートを征し、1位を獲得するのは極めて異例な事だ。

「青いベンチ」は2004年4月にリリースされたサスケのデビュー曲。その楽曲の良さから口コミで話題が広がり、発売当時オリコンチャート最高8位を記録しており、その後彼らの代表曲となった。2009年3月18日に、サスケの最初であり最後となるアルバム『青いベンチ~好きだった…誰にも言えない恋だった~』がリリースされ、それを機に、収録楽曲「青いベンチ」がiTunesで配信されたところであった。

「青いベンチ」はiTunesをはじめ、各着うたサイトでも配信中だ。

サスケは2009年4月4日に渋谷O-EASTで行なわれるラストワンマン・ライヴをもって解散、10年間の活動に幕を閉じる。

◆iTunes Store サスケ(※iTunesが開きます)
◆サスケ・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報