MissMonday×Kj(Dragon Ash)、閃きと情熱と信頼でつながった二人のスペシャル・トーク

ツイート

[BARKS FEATURE] Miss Monday × Kj from Dragon Ash SPECIAL TALK

この作品の成功は、闇にいても光を求めてきた、その姿勢を貫いたマンデーへのご褒美

Miss Monday New Album

「Meなら呼べるよね! ってことだよね。キックさせちゃったよね(笑)」(Kj)

──聞いた話によると、「The Light」のトラックはKjが大事にしていた切り札的なものだったんだとか。

Kj:うん、まぁ、切り札というかね、音楽人生で何回もやっちゃうとサムい手法のひとつだと思う。そもそも、マンデーと一緒にやるにあたって、やっぱりお互いに発展性を持てるような曲に当然したいから、「DEPARTURE」みたいなのを作ったんだよね。ただ、フィメールラップっていうところでやってるのにキックがないっていう、そこらへんで疑問を持つ向きも中にはあるだろうなって。それで、あとからもう1曲、スタンダードな感じのトラックを作ってみて、「DEPARTURE」のレコーディングのときにマンデーに聴かせたわけ。

MM:それが「The Light」のトラックだったの。もう一発で気に入っちゃって。

Kj:だってさ、代表曲にしたいとなると、ぶっちゃけ、曲の勝手が違ってくるじゃん。それで、いかようにもマンデーのアクセントがつけられるピッチ感とか、もっと音を積んでもいいぐらいの、間口の広いものを用意しといた、と。

──それがどういう経緯で、森山くんとPESくんが参加することになったんですか?

MM:Kjと話をしていく中で、絶対スペシャルなものを作ろうっていう気持ちが強くなって。そこで彼が提案してくれたのが、Kjにプロデュースを任せて、新たな才能を加えるというアイデアだったんです。

Kj:このトラックって、取り立てて革新的なわけじゃないし、マンデー自身も今まで優れたトラックメイカーと一緒にやってるわけだから、モチベーションを上げるためっていうのもあったんだよね。あと、代表曲にしたいなら、世間をビックリさせるのもアリだなって。PESと直太郎くんていうのは、フィーチャリングが皆無だからさ。一切やんないから目立つし、面白い。

──それにしたって突飛な人選で。

Kj:Meなら呼べるよね! ってことだよね。

MM:あはははははは(笑)。

──Youなら呼べちゃうのね(笑)。

Kj:うん、呼べちゃったよね、キックさせちゃったよね(笑)。

MM:でもほんとビックリしましたよ、名前聞いたときは。森山直太朗くん!? って。

Kj:まぁ、2人とも絶対的に才能があるからね。なんでもできるし、それに同世代。

──着地点がはっきり見えてたんですね。

Kj:見えてました。もちろん、最初からメロとかリリックを想定してメンバー集めてるわけじゃないけどね。

──そして、4人で目指したものは?

Kj:いや、とくに話し合いもなく。それっていうのも、マンデーが“明けない夜はない”っていうテーマで歌いたいんだってことをちゃんと提示してくれたんで、その説明をみんなで聞いて、オッケーそうしよう、と。で、それぞれ持ち帰って書きましたね。

──でも、みんなが同じ光を見てましたね。語らずとも共通認識がちゃんとあった。

MM:そうなんですよね。表現してる世界観だったり、色合いはそれぞれ個性が出てるんだけど、同じ方向を見てる感じ。力強さみたいなものも共通してるしね。私としては、すごく貴重な体験をさせてもらいました。

Kj:何より、マンデーの熱意がこの曲を作り上げたんだよ。こういうこと歌いたくて、こういうテーマにしたくてっていう、4人で集まったときのあの話しぶりがすべて。ほんとにアーティストなのか?っていうプレゼン能力だよ(笑)。マンデーのあの感じがみんなを動かしたんだと思う。集まりゃいいってもんじゃないからさ、そこを同じ方向に動かしたのはマンデーの度量だよね。

MM:そんな風に言ってもらえると、ほんと嬉しいです。私はこれだという特別な才能を持っているとも思ってないし、未来のビジョンを計画してやれるタイプでもないから、ただ目の前にあることをガツガツやってきたんですね。それしかできなかった。でも、それが今回のセッションで報われたというとヘンだけど、ご褒美をもらったような感覚。

Kj:俺もそう思うよ。この作品の成功は、マンデーへのご褒美だと思う。ずっと長くやってて、闇にいても光を求めてきた、その姿勢を貫いたことへのご褒美だよ。「The Light」で脚光を浴びて、そこからアルバム・リリースまでスッと行けたのも、全部マンデーが頑張ってきたからだよ。

MM:……グッときちゃった(笑)。ちゃんと見ていてもらったんだなぁっていう。嬉しいなぁ。今回、アルバムではたくさんのアーティストに参加してもらって、私の殻を破るのに手を貸してもらったんだけど、Kjはいちばん最初にぶっ壊してくれた人ですね。

──今後も甘えられるかもね。

MM:ちーっす、よろしくお願いします!

Kj:まぁ俺、最終的にやさしい男ですから!

MM:うぅ、カッコいい~(笑)。

この記事をツイート

この記事の関連情報