細美武士、新プロジェクト名決定&ツアー詳細発表

ツイート
4月5日(日)に幕張メッセで開催された<PUNKSPRING 09>にて、細美武士の新プロジェクト“the HIATUS”が待望のライヴを披露した。そのライヴの目撃者から速報が到着!

◆細美武士、新プロジェクト名決定&ツアー詳細発表~写真編~

   ◆   ◆   ◆

いやはや、驚愕のステージだった。キラキラと輝く音の結晶が見えるようなグッド・メロディーは当然ながら、成熟しながらも衝動感が失われていない素晴らしきロックを真正面から突きつけられてしまったのだ。

先日、千葉LOOKにて行われた飛び入りライヴを目撃した関係者が絶賛していたのを耳にしており、期待感満載でライヴに臨んでいたにも拘らず、凄いモノを観てしまったとしか言えないほどの衝撃。

人間は、予想や想像を遥かに超える圧倒的なモノに直面すると、思考停止になりがちである。だが、そんな中にも、反射的が如く、頷いてしまうことがあるのだ。それは、有無を言わさない、極限まで突き詰められたクオリティの高さを誇るモノ。細美武士新プロジェクトは、まさにそれであった。

初っ端からグイグイと攻め立て、ドライヴ感が堪能できる曲があり、キーボードのイントロから、優しく語り掛けるような歌から始まるような曲もあり、ロックのダイナミズムが見事に展開されている曲もあり、無意識のうちにステージへと取り込まれそうになるほど。

また、際立っていたのが絶妙なバランスだ。このプロジェクトでは、masasucks(FULLSCRATCH)、ウエノコウジ(Radio Caroline)、柏倉隆史(toe)、堀江博久という屈強なメンバーが参加しているのだが、個々のパーソナリティーが存分に発揮されながらも破綻することなどなく、ひとつのロックが高みで構築されていた。

ELLEGARDENの活動休止から早7ヶ月。細美が動き出すことを心待ちにしていたファンも多いと思うが、その期待は決して裏切られることはない。まだアルバムが完成していない段階の今ですら、そう断言できる。

ライヴのラストで、ステージ前方のど真ん中に立ち、真っ直ぐに正面を見据えていた細美の目には何が映っていたのか。進んでいく先にあるモノはいったい何なのか。まずは、その全体像をつかむことができるであろう、ニューアルバムの完成を心待ちにしたいと思う。

   ◆   ◆   ◆

the HIATUSは、6月1日(月)千葉LOOKから全国ツアーを行なう。

<the HIATUS 「 Trash We'd Love Tour 2009 」>
チケット発売 / GET TICKETのみ配券 全国受付
【1次受付】受付期間4/14(火)12:00~4/20(月)18:00
【2次受付】受付期間4/24(金)12:00~4/30(木)18:00
【問】ディスクガレージ 03-5436-9600(平日12:00-19:00)
6月1日(月) 千葉 LOOK
6月3日(水) 札幌 FACTORY HALL
6月4日(木) 帯広 MEGA STONE
6月6日(土) 青森 QUARTER
6月7日(日) 盛岡 club CHANGEWAVE
6月9日(火) 仙台 JUNK BOX
6月16日(火) 新潟 LOTS
6月17日(水) 金沢 EIGHT HALL
6月21日(日) 横浜 BAY HALL
6月23日(火) 福岡 DRUM LOGOS
6月25日(木) 鹿児島 CAPARVO HALL
6月26日(金) 大分 T.O.P.S
6月28日(日) 松山 SALONKITTY
6月29日(月) 高松 DIME
7月2日(木) 広島 CLUB QUATTRO
7月3日(金) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
7月8日(水) 高崎 club FLEEZ
7月9日(木) 水戸 LIGHTHOUSE
7月14日(火) 名古屋 ダイアモンドホール
7月16日(木) 大阪 なんばハッチ
7月21日(火) 東京 新木場 STUDIO COAST
※各公演ゲストあり※各公演 \2,500(ドリンク代別)※札幌のみドリンク代なし※広島のみ \3,000(1ドリンク付)
◆the HIATUSオフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報