エアロスミス、新作のリリースは遅れているものの、ZZトップとツアーが決定

twitterツイート
エアロスミスがこの夏、ZZトップとツアーを行なうことになった。現在のところ、北米での日程のみが決まっているようだが、Billboard.comによると、南米、ヨーロッパ、そして日本でのツアーも検討中とだいう。

エアロスミス&ZZトップ・ツアーは6月にスタート。北米各地で40公演ほど行なう予定だという。エアロスミスのツアーは2007年以来となる。ギタリストのジョー・ペリーは、ZZトップとの共演を「彼らとプレイできるなんて素晴らしいよ。クールなショウになるはずだからな」と『Rolling Stone』誌に話している。

一方、気になる新作のほうだが、メンバーの怪我や病気により完成が遅れているという。ジョー・ペリーが2008年に膝を手術。先月は、フロントマンのスティーヴン・タイラーが肺炎により倒れた。ペリーがBillboard.comに話したところによると、「ツアー前の完成は難しいと判明した」そうだ。「だから、リリースを遅らすことにした。ツアーが終わったら、アルバムを片付ける。」

エアロスミスの新作は、2004年のブルースのカヴァー・アルバム『Honkin' On Bobo』以来。オリジナルとしては2001年の『Just Push Play』以来となる。ブレンダン・オブライエンがプロデュースしている。

ジョー・ペリーは週末、ロックの殿堂入りセレモニーに出席。ショウの終わりに、メタリカ、ジェフ・ベックらと共にヤードバーズの「Train Kept A Rollin'」をパフォーマンスした。ジョー・ペリーは現在、ソロ・アルバムも制作中だという。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報