映画『おっぱいバレー』舞台挨拶でCaocaoが初ライヴ

twitterツイート
渋谷CC.Lemonホールにて行なわれた映画『おっぱいバレー』完成披露試写会に、サプライズゲストとしてCaocaoのふたりが登場した。

◆Caocao フォトアルバム 2009

学校のチャイムに合わせて幕が上がった途端、ステージ上には、映画主題歌「個人授業」を歌うCaocaoの持田香織と田島貴男が。ふたりは、約2,000人の観客の前にすると、フィンガー5の名曲をロックアレンジしてカヴァーした「個人授業」を熱唱した。ちなみにCaocaoにとって、観客の前でのパフォーマンスはこれが初めて。突然の登場に、会場内が大盛り上がりとなったのはご想像のとおりだ。

オープニングライヴに続いてステージ上に現れたのは、同映画で主役の綾瀬はるかと、共演の青木崇高、そして監督の羽住英一郎の3人。

3人は、撮影現場では監督の命令によって、 “おはようおっぱい” “お疲れおっぱい” “おっぱいようございます!” など、挨拶を “おっぱい” で統一し、それによって、中学生の出演者たちが、いざ演技のときに “おっぱい” というワードに恥ずかしがらないようにしたといった裏話を披露。現場での工夫と、それによって出演者やスタッフの間で生まれた(変な)一体感をうかがわせた。

また、主題歌「個人授業」に代表されるように、1979年を舞台にしたこの映画には、その当時の懐かしいヒット曲が満載。羽住監督いわく、“今の若者が聴いてもクールと思える楽曲をセレクトした” とのこと。

Caocaoの持田は田島の指導により、主題歌を歌う時に “先生!(絶叫)に気持ちをこめて、綾瀬さんを思い浮かべながら歌った” と、「個人授業」の歌詞と映画のつながりから、楽曲に込めた想いを語った。また、映画を観た感想を聞かれた持田は、“お気に入りポイントがたくさんあり、盛りだくさんな時間を過ごせた。青春という言葉が凄く似合う映画で、男子だったらこんなに楽しいんだなと思うシーンが多々あった” とコメント。一方の田島は “自分の中学時代を思い出した。自分が音楽を好きになったのも中学一年生だったので、このぐらいの年齢の頃には夢中になって好きになることがあったなぁとしみじみ感じた” と語った。

映画『おっぱいバレー』は、2009年4月18日より全国ロードショー。

◆iTunes Store Caocao(※iTunesが開きます)
◆Caocao「個人授業」PVメイキング映像
◆Caocaoコメント映像
◆映画『おっぱいバレー』オフィシャルサイト
◆Caocao オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon