ゴールデンウィークのイベント<TOKYO M.A.P.S>はフェス並みのフリーライヴ

ツイート
2009年5月2日(土)~5月5日(火・祝)のゴールデンウィークの4日間にわたって、六本木ヒルズアリーナでフリーライヴが楽しめる一大イベント<J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAEKO ONUKI EDITION supported by JAVA TEA>が開催となる。

<TOKYO M.A.P.S>は、音楽/アート/パフォーマンスなど様々な表現を発信する一大イベント。六本木ヒルズアリーナを会場に、2008年からJ-WAVEと六本木ヒルズが共催で始まったゴールデンウィークの目玉イベントだ。毎回“プログラム・オーガナイザー”を立て、そのオーガナーザーの世界観を表現したイベントを開催しているが、2009年は大貫妙子に白羽の矢が立った。自身の出演によるライヴはもちろんのこと、大貫妙子の呼びかけで集まった多彩なミュージシャンのフリーライヴが次々と開催され、ゴールデンウイークを彩ってくれる。

日本のポップミュージックにおける女性シンガー・ソングライターの草分け大貫妙子が、どんな音を六本木ヒルズで紡ぐのか、見ごたえたっぷり。現時点で決定しているだけでも以下のようなラインナップが名を連ねている。

2009年5月2日(土) 中山うり、中 孝介
2009年5月3日(日) マイア・バルー、押尾コータロー
2009年5月4日(月・祝) おおはた雄一、Port of Notes、大貫妙子、bird
2009年5月5日(火・祝) alan、ハミングキッチン、FLYING KIDS 他

まさしくちょっとしたフェス状態だが、これが全てフリーなのだから凄い。ちなみに<TOKYO M.A.P.S>の一部は、5月4日(月・祝)9:00~17:55にJ-WAVE 81.3FMで放送の「J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL JAVA TEA presents DIVE INTO TOKYO」で生中継、及び収録にて放送される予定なので、現地に向かえないオーディエンスでも楽しむことができる点も、J-WAVEのイベントならではのことだ。ありがたいね。

“PLAYGROUND ~あの遊び場へ~
都市は騒音で溢れている。そうお思いですか? もしそうなら、人はここから逃げだしていることでしょう。私たちは都市の中に、川のせせらぎや波の音、土の匂いや花の香り、懐かしい日々や旅の記憶を届けることができます。それが音楽だからです。誰かにおしつけられたものではなく、快適な暮らしを 自分の目や耳で選択するライフスタイルがここにはあります。音楽との新しい出会いもまた、そのひとつであることを願って。PLAYGROUNDでお待ちしています。”──大貫妙子

<J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAEKO ONUKI EDITION supported by JAVA TEA>
2009年5月2日(土)~5月5日(火・祝)
@六本木ヒルズアリーナ
プログラム・オーガナイザー: 大貫妙子
※4日間で12回のフリーライヴを予定
入場料金: 無料
主催:J-WAVE、六本木ヒルズ
特別協賛:ジャワティ
[問]六本木ヒルズ総合インフォメーション 03-6406-6000
※少雨決行。荒天時はプログラム変更及び中止になる場合があります。
・TOKYO M.A.P.Sウェブサイト
・大貫妙子オフィシャルサイト
・J-WAVEウェブサイト
・六本木ヒルズウェブサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス