スウェル・シーズン、再来日決定

ツイート
アカデミー賞受賞、グラミー賞ノミネートに輝いた全世界で大ヒットの映画『once~ダブリンの街角で』の主役の男女デュオ・グループ、スウェル・シーズンが5月に再来日公演を開催する。スウェル・シーズンは、ザ・フレイムスのフロントマンであるグレン・ハンサード(Vo、G)と、チェコ出身の女性シンガーソングライター、マルケタ・イルグロヴァ(Pf、Vo)からなるデュオだ。透明感溢れるアコースティックで素朴なサウンドを聞かせてくれる、ナチュラルな2人だ。

スウェル・シーズンは、2009年1月に初の来日公演を行なったが、東京での2days公演はソールドアウト、そこでは想像をはるかに上回る素晴らしいパフォーマンスを披露し、大評判となった。

そんな彼らが、5月20日に再来日、コンサートを行なう。映画『once~ダブリンの街角で』のファン間もちろんのこと、ザ・フレイムス・ファンも当然ながら、音楽で心を揺さぶられたいというあらゆる音楽ファンに、この感動的な一夜を。

なお、ニューヨーク在住ながら、ジャズ・ピアニスト上原ひろみからもスウェル・シーズンにメッセージが届いている。

“初めてグレンの歌声を聞いたとき、心がえぐられるようだった。本物の音楽は、耳で認識するのではないのだと、再確認する瞬間だった。彼の歌は、私の心を貫通した。その声に加わる、マルケタのとてもピュアな声色。心で感じる音楽。それが、Swell Season。”──上原ひろみ

<スウェル・シーズン来日公演2009>
5月20日(水)18:30開場 19:00開演
@東京国際フォーラム ホールC
※スペシャル・ゲスト:リアム・オ・メンリィ
前売7,000円(全席指定・税込)
[問]プランクトン 03-3498-2881
◆チケット詳細&購入ページ
◆iTunes Store スウェル・シーズン(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報