ザ・ボゥディーズ、まさに“ビートルズの再来”と呼ぶに相応しいバンドがメジャーデビュー

twitterツイート
腹の中にとてつもなく熱いマグマを溜め込んだバンドが、満を持して遂にメジャーデビュー・アルバムをリリースする。その名もTHE BAWDIES(ザ・ボゥディーズ)。アルバムは4月22日発売の『THIS IS MY STORY』だ。

リトル・リチャード、レイ・チャールズに代表されるリズム&ブルース、ロックンロールのアーティストを4人のメンバーすべてが敬愛し、それをルーツとしたサウンドは圧巻。野太いしゃがれ声のヴォーカルは、近年日本のヴォーカリストとも違うタイプで異彩を放っており、この超個性的な、それでいて50年代~60年代のロック黄金時代を髣髴させる唯一無二のヴォーカルを最大の武器にして、ロックが持つ初期衝動、エネルギーを叩きつけてくる。

これまで、いそうでいなかったタイプのバンドだ。所属レコード会社であるビクターエンタテインメントが“ビートルズの再来”とプッシュするのも頷けるところ。彼らの持つロックンロールの魂とサウンドはピュアな魅力と楽しさに溢れており、思わず身体を揺すりたくなるヴァイブスは、ロックの真骨頂。ビートルズを髣髴とさせるバンドは多く存在しているが、そのビートルズのルーツまでも含めて多大な影響を受け、それをバンドとしてここまで昇華できる精神力、そして肉体を持つバンドは皆無に等しい。それをここまで高度な次元でやりとげるとは、日本はおろか、世界的にも稀有な存在だといえる。彼らの楽曲とライヴは日本各地で話題になり、その人気は急カーブで急上昇している。

このアルバムは、NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)が、自身初となる他アーティストのプロデュースを実現。リード曲「EMOTION POTION」をはじめ、アルバム全11曲中4曲をプロデュースしている。ツボを心得た絶妙のアレンジメントで50年代~60年代のロック黄金時代を再現し、それでいて古臭くなく斬新なサウンドを生み出し、メジャーデビュー・アルバムにして名盤と呼べる作品を生み出す原動力となっている。

アルバムリリース直後の5月10日からは、千葉LOOKを皮切りに全国29箇所におよぶ全国レコ発ツアーがスタート。福岡、仙台、新潟、名古屋、大阪、東京ではワンマンライヴも予定されている。本年度最注目株の彼らの動向は、絶対に見逃せない。

このデビューアルバム『THIS IS MY STORY』は、my spaceのTHE BAWDIESページにて、4月18日(土)0:00~19日(日)23:59の2日間限定で全曲フル試聴が行われている。発売前に全曲聴けるのはここだけなので、ぜひこのクールな作品を聴いてみてほしい。

メジャー1stアルバム『THIS IS MY STORY』
VICL-63294 / \2,500 (tax.in)
2009年4月22日リリース

<“THIS IS MY STORY”TOUR 2009>
5月10日(日) 千葉 LOOK
5月17日(日) 郡山 CLUB #9
5月19日(火) 秋田 Club SWINDLE
5月20日(水) 盛岡 CLUB CHANGE
5月21日(木) 八戸 ROXX
5月23日(土) 札幌 KRAPS HALL
5月25日(月) 青森 SUNSHINE
5月27日(水) 高岡 Clover Hall
5月28日(木) 金沢 vanvan V4
5月30日(土) 岐阜 CLUB ROOTS
6月4日(木)  高崎 club FLEEZ
6月6日(土)  豊橋 CLUB BIRTH
6月7日(日)  京都 磔磔
6月9日(火)  松山 Bar Caezar
6月10日(水) 高松 DIME
6月12日(金) 神戸 VARIT.
6月13日(土) 広島 NAMIKI JUNCTION
6月15日(月) 鹿児島 SR HALL
6月16日(火) 大分 T.O.P.S
6月18日(木) 長崎 DRUM Be-7
6月19日(金) 福岡 DRUM SON (ワンマン)
6月21日(日) 岡山 PEPPER LAND
6月22日(月) 浜松 窓枠
6月26日(金) 仙台 enn (ワンマン)
6月27日(土) 新潟 CLUB JUNK BOX mini (ワンマン)
7月3日(金)  名古屋 APPOLO THEATER (ワンマン)
7月4日(土)  梅田 Shangri-La (ワンマン)
7月11(土)  渋谷 CLUB QUATTRO (ワンマン)

◆iTunes Store The Bawdies(※iTunesが開きます)
◆THE BAWDIES オフィシャルサイト
◆THE BAWDIES レーベルサイト
◆THE BAWDIES myspace
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス