シニア世代が泣いて喜ぶ、ツボ突きまくりのコンピCD登場

ツイート
インターネットが我々の生活に与えた影響なんて、いまさらここでとうとうと述べられるものでもないが、こと音楽まわりで言えばいいことはたーくさんある。情報発信が以前より簡易になったことで、隅々まで細かな情報を伝達できるようになったこと、広い世代への訴求が可能になったこと、ワールドワイドで爆発的に広がる口コミの力がヒットの法則を書き換えつつあること、個々の音楽趣向に応えられる商品開発への足がかりが生まれたこと…などなど。

既に音楽情報から遠ざかって久しいシニア層や元音楽ファンを自認するアラフォー&アラゴー世代による、新音楽市場の活性化などはインターネットの功績だ。

音楽専門誌も読まなくなり音楽番組も観なくなった世代にとって、時代を牽引する音楽潮流は無縁となり、いつしか音楽自体と疎遠になっていく…それがこれまでのシニア世代の実情だが、実のところ、若い頃に音楽に懸けた情熱は今のティーンとなんら変わらぬもの。むしろ、モノにあふれた現代よりも音楽の占める要素が強かった時代だったからこそ、音楽を語ると総1億人音楽評論家状態…アルコールでも入った日にゃどれだけ自分が音楽を愛しているか、語りつくせぬ思いに自ら泥酔するお父さんが続出するのが現実というもの。

インターネットが、愛する音楽を再び連れてくる…そんなゴキゲンな2009年。TSUTAYAとユニバーサル ミュージックが手を組んで、シニア世代に標準をビシッとあわせたCDボックスをリリースする。これ、シニアのあなたに直撃しますよ。

『君と観た曲』(5枚組)
2009年5月発売予定
TDR-6/10 9,800円(税込)
※主な収録曲:スパイ大作戦(『スパイ大作戦 薔薇の秘密指令』)、煙が目にしみる(『アメリカン・グラフィティ』)、ニューヨーク・ニューヨーク(『ニューヨーク・ニューヨーク』)、など全80曲収録予定
※特典:収録楽曲が使用された映画解説付

『FOREVER FEVER』(5枚組)
2009年5月発売予定
TDR-1/5 9,800円(税込)
※主な収録曲:ドナ・サマー「ホット・スタッフ」、スタイリスティックス「キャント・キヴ・ユー・エニシング(邦題「愛がすべて」)、デヴィッド・ボウイ「レッツ・ダンス」など全77曲収録予定
※特典:収録アーティストやダンス・ステップの解説、歌詞・対訳(一部)付

第1弾として登場するこの2タイトルは、実際に50代~60代へ行なったアンケートの結果から導かれた商品なのだ。明らかになったのは、シニア世代が音楽に求めるものは“懐かしい”“元気になれる”“癒される”というキーワードであること。もちろん自分の敬愛するアーティストの新譜にも興味は注がれるだろうが、“懐かしい”というコンセプトには猛烈な魅力を感じるという事実だ。

コンピレーションCDアルバム『洋画サントラ』と『洋楽ディスコ名曲コンピ』をはじめ、今後も商品ラインナップは順次追加されるという。このシリーズは、全国のTSUTAYA店頭とTSUTAYAオンラインショッピング、テレビ通販番組「TSUTAYAダイレクト」で販売される予定だ。

…というか、母の日/父の日にこれ、どうでしょう。ものすごく喜ぶと思うんですけど。

※テレビ通販番組「TSUTAYAダイレクト」
2009年4月20日(月)より放送開始
BS朝日:毎週月曜日 午前7:29~午前7:58
BS-TBS:毎週火曜日 午前6:30~午前6:59
◆TSUTAYAオンラインショッピング・ウェブサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報