ジェイソン・チャンピオンの初来日公演がスタート

ツイート
デビュー前からチャンピオン!…てなおめでたすぎるキャッチコピーを小脇に抱え、2009年2月にアルバム『リフレクションズ』で日本デビューを果たしたジェイソン・チャンピオン。本国アメリカでは2009年度のグラミー賞にノミネート、日本でもアルバムのリード曲「オールウェイズ」が2月に全国のFMラジオでヒットし、以来多くの注目を集めている。

そんなジェイソンの初来日公演が遂にスタートした。初日となったのは4月21日の大阪公演。1月にプロモーションで初めて日本に来て以来、2度目の来日にして初の本格的来日公演となった。

会場となったのはビルボードライブ大阪。ステージにジェイソンが体重200キロの巨体を揺らしながら登場すると、その大きさに会場がざわめき、そして大きな拍手が沸き起こった。ジェイソンとキーボード/ドラム/ベースというシンプルな編成でパフォーマンスはスタートした。

のびやかでシルキーな高音は、マイクなど必要ないのでは?というほどにパワフルに会場に響き渡り、観客も大盛り上がり。「ニホンニ、コレテ、ウレシイデス」という日本語でのMCも交えつつ、手拍子やエアギター、エアドラム、エアピアノなども披露しながらライヴは進行していった。

やがてスティーヴィー・ワンダーの「Ribbon In The Sky」を、彼の妻ポーラにささげて歌った後、なんとそのポーラがステージに登場、夫婦での熱々のパフォーマンスも披露した。そしてラストは観客総立ちで手拍子が鳴る中、お馴染みのヒット曲「オールウェイズ」を熱唱。最後まで、ライヴへ来てくれたオーディエンスへの感謝の言葉を口にしつつ、温かい拍手の嵐が鳴り止まぬ中、ダンサブルなステップで軽快にステージを去っていった。

こうして大盛り上がりのうちに終了した大阪公演。4月24日、25日は東京公演だ。場所は両日とも六本木のビルボードライブ東京。体重200キロの巨漢から繰り出される表現力豊かでソウルフルな美声を是非この機会に堪能して欲しい。
※pic by fruishi yoohey

<ジェイソン・チャンピオン東京公演>
4月24日(金)
1stステージ19:00~ 2ndステージ21:30~
4月25日(土)
1stステージ18:00~ 2ndステージ21:00~
@ビルボードライブ東京
◆チケット詳細&購入ページ

◆iTunes Store ジェイソン・チャンピオン(※iTunesが開きます)
◆ジェイソン・チャンピオン・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス