野音で濡れる加藤和樹に、ファン大興奮

ツイート
降りしきる大雨、日比谷野音で濡れる和樹にファンは大興奮となった。

4月25日(土)、雨天にも関わらず大勢のファンが午前中から開場を待ちわびる日比谷野外音楽堂。今回のライブは加藤和樹のデビュー3周年記念ライヴであり、俳優、アーティストにと大きく成長してきた加藤和樹の集大成ライヴとなった。

◆「Venom」PV

18時開演、SOLD OUTとなった3000人を超えるファンが集まり、合羽を着たファンで超満員の中ライヴがスタート。降りしきる雨の中、幕を開けたステージでは、最新シングル「EASY GO」や新曲「Dead Or Alive」「HOME」を含む全25曲のボリュームのあるステージで、途中雨脚が強まるにもかかわらず、ファンのボルテージは上がる一方だった。

2009年はデビュー3周年という節目の年。加藤和樹本人の3年間を全て出し切ったライヴはファンと共に雨の事など忘れさせてくれる最高のステージだった。ライヴ直前に行なわれた会見では「雨のライヴは気持ちがいいですね。今日のライヴは思い出に残るライヴになりました。10年20年経っても語り継がれるものとなってくれれば」と今日の印象を語った。

最後の曲はテレビ東京系『家庭教師ヒットマンREBORN!』のオープニングテーマとして放送中の「EASY GO」を6月10日の発売を前にライヴで初披露。その後、アンコールで本人作詞の「Dead Or Alive」、そして心の温まる「HOME」(共に「EASY GO」カップリング)の2曲を歌い上げライヴは終了。雨の中、熱気のこもったデビュー3周年記念の雨中野外ライヴは幕を閉じた。

7月にはZEPP TOKYO他、9都市を巡る全国ライヴハウス・ツアーをも行なう加藤和樹。4月27日(月)には出演映画『湾岸ミッドナイト』の発表記者会見が予定されており、歌に俳優に、今最も輝いているアーティストのひとりだ。

<Kazuki Kato 3rd Anniversary Live “GIG” 2009 ~Shinning Road~>
2009年4月25日@日比谷野外音楽堂
0 overture
1 Soul Survivor
2 Starlight Dreamer
3 Flaming ice
4 Warning
5 Wake up!
6 a ライン
6 b リアル
6 c HIGHER DREAM
7 僕らの未来~3月4日~
8 そばにいて(Acoustic ver)
9 Selfish Cat
10 Faith
11 Chain of Love
12 Drasticsテーマ
13 Oh yeah! Go way!
14 Love Bite
15 Carnation
16 Shake!Shake!Shake!
17 Fighting Road
18 Vampire
19 グローリー
20 instinctive love
21 Venom
22 Shinig Road
23 EASY GO
E1 HOME
E2 Dead or Alive

◆加藤和樹オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス