“アイドルの聖地”消滅を前に、THE ポッシボーらが大規模イベントを開催

twitterツイート
秋葉原で“アイドルイベントの聖地”と言われた石丸電気 SOFT1がSOFT2に統合される。17年もの長きにわたり、長澤まさみや上戸 彩、綾瀬はるかなど、そうそうたる顔ぶれがイベントを行なってきたSOFT1でのイベント終了を前に、統合前最後の休日となった4月29日、同店でのイベント回数第1位を誇るTHE ポッシボーと、デビューから2年で50回近く同店でイベントを開催してきたキャナァーリ倶楽部をはじめとするNICE GIRL プロジェクト!の面々がSOFT1全フロアを使ったイベントを開催した。

◆ライヴイベント前に行なわれた記者会見の模様 フォトアルバム

<NICE GIRL プロジェクト! 石丸電気 SOFT1~感謝祭~>と銘打たれたイベントは、当日14時スタートの<キャナァーリ倶楽部握手会 part.1>を皮切りに、1階、2階フロア、さらにラストを飾る3階イベントホールでのライヴ(19時から)と、昼過ぎから夜まで及ぶ大規模なものとなった。

また、この日ラストのライヴを前にTHE ポッシボーとキャナァーリ倶楽部のメンバーが会見に臨んだ。

“THE ポッシボーのロビンです。石丸電気 SOFT1では、ほんとに数え切れないほどたくさんのイベントを行なってきて、SOFT1と一緒にポッシボーも成長させていただいたなぁ、と思っているんですけど、今日は、ポッシボー、キャナァーリ倶楽部、NICE GIRL プロジェクト!が、しちゅ、しゅちゅえん(会場・笑)…「出演」できるということで、本当に嬉しく思っています。今日は素敵なイベントにしたいと思います。”── ロビン(THE ポッシボー)

“キャナァーリ倶楽部、おがまなです。今回、SOFT1がSOFT2との統合ということで、ほんとに、SOFT1ではキャナァーリ倶楽部のシングル(リリース)イベントや、私もソロとしてシングルイベントをたくさんやらせていただいていたので、すごいたくさんの思い出があるんですけども、今回、SOFT2との統合とともに、私たちNICE GIRL プロジェクト!と石丸電気さんが、一緒に成長し、もっともっと大きく活動していけたらいいなと思います。”── おがまな(キャナァーリ倶楽部)

これまでのSOFT1でのイベントの中で思い出に残っていることについて訊かれると、THE ポッシボーのごとぅーは、“メンバーみんな一緒にソファーに座って、お茶でも飲みながらゆっくりトークしたイベントが、一番思い出に残っています。”とコメント。一方のキャナァーリ倶楽部まっちゃんは、“キャナァーリ倶楽部として1枚目のシングルイベントの最終日がSOFT1で、みんな初めてのことばかりで、涙を流しながらイベントを終えたのが私の中では思い出となっています。”とのこと。

また、キャナァーリ倶楽部のみっきーは、“石丸電気さんは、キャナァーリ倶楽部の初披露の場所で、「原点」。ホーム的な存在です”と発言。石丸電気という空間が彼女たちにとって大きな存在であることを物語っていた。

石丸電気 SOFT1は、5月をもってSOFT2に統合。SOFT1で開催されていたアイドルイベントなどはSOFT2へと引き継がれる。

◆iTunes Store THEポッシボー(※iTunesが開きます)
◆iTunes Store キャナァーリ倶楽部(※iTunesが開きます)
◆THE ポッシボー オフィシャルブログ
◆キャナァーリ倶楽部 オフィシャルブログ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報