グリーン・デイ「新作はこれまでで最も野心的なアルバム」

ツイート
グリーン・デイのフロントマン、ビリー・ジョー・アームストロングが、間もなくリリースされるニュー・アルバム『21st Century Breakdown』について語った。前作『American Idiot』は全世界で1,200万枚以上のセールスを誇った大作。それに続くアルバム作りにはプレッシャーもあったようだ。

アームストロングは『The Sun』紙のインタヴューでこう話している。「俺たちを殺しかねなかったアルバムだ。『American Idiot』でかなり高い基準を定めた。その勢いやエネルギーみたいなものを保持したかったんだ」

「これは、いままでに作った中で最も野心的なアルバムだ。俺たち、ものすごい労力を注いでる。こんなにクレイジーになったことはない」

『American Idiot』から5年ぶりとなる新作『21st Century Breakdown』はブッチ・ヴィグ(ニルヴァーナ『Nevermind』、スマッシング・パンプキンズ『Gish』)と共プロデュース。アームストロングがなかなか首を縦に振らず、制作に3年半をかけたといわれている。しかしながら、その価値はあったようだ。各メディアから高評価を得ている。

『21st Century Breakdown』は5月15日に世界同時発売。グリーン・デイは5月30日、さいたまスーパー・アリーナで開催される<MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2009>でパフォーマンスする。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報