orange pekoe、ニューヨークから招聘を受ける

twitterツイート
orange pekoeが、日米の文化交流を促進するイベント<Japan Day 2009>のスペシャルサポーターに認定され、5月31日にニューヨークでライヴを行なうことが決定した。orange pekoeにとって2007年12月の韓国公演以来の海外公演となる。

フジテレビアニメ「リストランテ・パラディーゾ」のオープニングテーマに起用されている新曲「マリーゴールド」が、<Japan Day 2009>公式イメージソングとしてUSで使用されることも決定し、同一曲日米ダブルタイアップという状況である。

2009年で3回目となる<Japan Day 2009>は、在ニューヨーク日本国総領事館と各日系企業を中心とする実行委員会が運営するオフィシャルなイベントで、日米文化交流を促進しNYへの感謝の意を示すもの。マンハッタンの中心に広がる緑豊かなセントラルパークで開催され、2008年は4万人の来場を記録した。セントラルパーク内を市民ランナーが走るJapan Run(日本より渋井陽子選手が参加)、日本のお祭りさながらの多様なアクティビティとブースで様々な日本文化を紹介、野外ステージでは太鼓など伝統芸能や現代日本の音楽がパフォーマンスされる。

そんな中で、orange pekoeはそのトリをつとめる形でライブを行ない、セントラルパーク内の桜の植樹活動へのチャリティー活動にも参加する予定だ。

そもそもの出演のきっかけは、主催者からの打診である。実行委員会からorange pekoeに対する強いリスペクトが今回のイベントへつながったのだ。「orange pekoeが独自のユニークな音楽と共にファンベースを広めつつ、10年も第一線で活躍しているアーティストであること。また、ジャズやラテンミュージックなどを取り入れた幅広いアレンジ能力に加え、オリジナル・テイストを確立したシーンの代表的なアーティストであること。また継続して発揮されてきたパフォーマンス能力の高さ。さらには、カバーアートに関しても、一目で認知されるアーティスティックなビジュアルを常に展開してきた事等が選考の上でのポイント」…、これが実行委員会からのコメントである。

「私たちの音楽に影響を与えてくれたJAZZやソウルミュージックなど素晴らしい音楽が生まれ、大きく発展した街、ニューヨークでライブを出来る事をとても楽しみにしています。思い切り、自分達のスタイルで心を込めてパフォーマンスしてきます」──ナガシマトモコ

世界の音楽の様々なエッセンスをベースに、日本語詞でオリジナリティのあるハイクオリティな音楽を創り続けるorange pekoe、ニューヨーク公演で様々な刺激を吸収してくることだろう。

5月27日にシングル「マリーゴールド/クリスタリズム」を、6月24日にはアルバム『CRYSTALISMO(クリスタリズモ)』のリリースを控え、その後は全国ツアーに突入する。

<orange pekoe tour2009 CRYSTALISMO>
2009年6月27日(土) KYOTO MUSE(17:30/18:00)
2009年6月28日(日) 神戸ウィンターランド(17:30/18:00)
2009年7月4日(土) 福岡Gate's7(17:30/18:00)
2009年7月5日(日) 広島ナミキジャンクション(17:30/18:00)
2009年7月9日(木) 渋谷duo music exchange(18:00/19:00)
2009年7月10日(金) 富山Raccont(18:30/19:00)
2009年7月12日(日) 仙台MACANA(17:00/17:30)
2009年7月18日(土) 名古屋クラブクアトロ(17:00/18:00)
2009年7月20日(月祝) 大阪BIG CAT(17:30/18:00)
◆チケット詳細&購入ページ
<サロン・ド・モコス・プレミアム・パーティー」>
2009年5月22日(土) @熊本SECOND SIGHT屋上
Ticket Info■http://www.mocos.info/

<JAPAN DAY@CENTRAL PARK 2009>
5月31日(日) @East Meadow CENTRAL PARK,NY,US
Info■http://japandaynyc.org/

<ファッションカンタータ2009 from KYOTO>
6月13日(土) @国立京都国際会館イベントホール
メインキャスト:栗山千明
ゲストモデル:杏
特別出演:浅野ゆう子/パトリック・ヌジェ/orange pekoe
入場Info■http://www.westjr.co.jp/fc/

◆orange pekoeオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon