ホワイト・ストライプス、2010年には待望の新作を

ツイート
ジャック・ホワイトが、ホワイト・ストライプスの新作について語った。2007年秋にメグ(Dr)の急性不安発作を理由にツアーをキャンセルして以来、主だった活動をしていなかった彼らだが、すでに新作の制作をスタートしており、2010年にはリリースできるだろうとのことだ。

ジャックは、Musicradar.comのインタヴューでこう話している。「新しいスタジオで数曲レコーディングを済ませた。彼女(メグ)には、夏にザ・デッド・ウェザー(ジャックのニュー・プロジェクト)のリハーサルが終わったら、また戻るって言ってあるんだ」。本格的なレコーディングは、ザ・デッド・ウェザーのツアーが終わってからとなるようだ。

ツアーをキャンセルしたことでバンドの存続そのものが心配されたが、ジャックは「そういうことではなく」彼らには休みが必要だっただけだと話している。当時はもうひとつのサイド・プロジェクト、ラカンターズのツアー、奥さんの出産と重なり、「短期間で何もかも詰め込んだ」状態だった上、“フル・スピード”で突き進むジャックに“大人しくて内気な”メグがついてくのは困難だったそうだ。

「俺はラカンターズのツアーを終えてすぐにこっちに入った。そう、俺はすでにフル・スピードだったんだ。1年間完全停止してたメグはいきなりそのクレイジーな中に入り込んだ。メグはとてもシャイな女の子なんだ。とても大人しくて、とても内気な人なんだ。完全停止からフル・スピード状態になるのは、並大抵のことじゃない。俺たちには休みが必要だったんだ」

ジャックのニュー・プロジェクト、ザ・デッド・ウェザーは6月から北米ツアー、およびロンドン、パリでの公演をスタート。8月後半まで続く。7月にはデビュー・アルバム『Horehound』をリリースする(ヨーロッパ/北米発売予定)。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報