細美武士、『ローリングストーン日本版』で未来を語る

ツイート
the HIATUS(ザハイエイタス)の細美武士が『ローリングストーン日本版』6月号の表紙に登場、the HIATUS結成に至るまでの活動秘話や、ニュー・アルバム完成までの道のりを熱く語っている。

極限の状態から作品を生み出すという彼の生き様や、バンドメンバーとの曲づくりなど、the HIATUSとして生まれ変わった細美武士に出会うことができるはずだ。

また、同誌では「マニアに捧ぐ101枚のロックT」と題し、オアシスのリアム・ギャラガーやサンボマスター、ムッシュかまやつなど、ミュージシャンが語るロックT、そしてロックTから読むミュージックシーンの歴史を紐解く第一特集をはじめ、約40年の歴史を誇る『ローリングストーンUS版』の貴重な記事を再編集した「ローリングストーンアーカイブス」にて、6年ぶりのニューアルバムを発売するランシドをフィーチャー。音楽ファン必見の内容となっている。

『Trash We'd Love』
2009年5月27日発売
FLCF-4281 ¥2,520 (tax in)
1.Ghost In The Rain
2.Lone Train Running
3.Centipede
4.Silver Birch
5.堕天
6.Storm Racers
7.Little Odyssey
8.The Flare
9.紺碧の夜に
10.ユニコーン
11.Twisted Maple Trees

◆the HIATUSオフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報