韓国最強グループBIGBANG、日本メジャー・デビュー

ツイート
いま韓国で最も勢いのあるスーパーグループ、BIGBANG(ビッグ・バン)が13日、グランドハイアット東京にて記者会見を行ない、日本でのメジャー・デビューを発表した。

◆ 日本メジャー・デビュー決定! BIGBANG記者会見の模様

革新的なパワーで音楽業界に新たな時代の到来を知らせるべく結成されたBIGBANGは、13歳からYG FamilyのHIPHOPアルバムに参加している天才ラッパーG-DRAGON、12歳でYGに入り、次世代R&Bヴォーカリストとして脚光を浴びているSOL(Vo)を中心に、オーディションで選ばれたT.O.P(RAP)、D-LITE(Vo)、V.I(Vo)の5人で構成された実力派グループ。2006年に韓国で活動をスタートし、2007年にリリースされた楽曲「Lies(嘘)」が配信チャート、音楽番組チャートで8週連続1位を獲得したことをきっかけに大ブレイクした。

その後、同年11月にリリースされたアルバム『Hot Issue』タイトル曲「最後の挨拶」、2008年リリースの3rdアルバム『Stand Up』タイトル曲「HaruHaru」も同じく8週連続チャート1位を獲得するという偉業を達成。同3曲はそれぞれ200万ダウンロードを超える大ヒットを記録し、「Lies(嘘)」のリリース以降、ほぼ1年間にわたり韓国音楽業界のトップチャートを独占し続け、デビュー1年余りで韓国最強の実力派グループの地位を確立した。

日本でも2008年10月にアルバム『Number 1』をリリースし、オリコンデイリーチャート3位を獲得。レコチョクのクラブ系サイト「In The GROOVE」(現「レコチョク クラブ・うた」)では、1位「Number 1」、2位「Make Love」、5位「HaruHaru」にランクインした。すでに日本のファンクラブ会員は6,000人を突破、携帯サイト会員は10,000人を突破している。

いまや韓国の国民的大スターとなったBIGBANGが、6月24日にシングル「MY HEAVEN」で日本メジャー・デビューを果たす。記者会見では報道陣の前で「MY HEAVEN」をパフォーマンスしたほか、2ヶ月連続でのシングルリリース、「MY HEAVEN」のアジア6ヶ国(香港、フィリピン、シンガポール、台湾、中国、マレーシア)同時デジタル配信、2ndシングル発売日となる7月8日に代々木公園野外音楽堂でメジャー・デビュー記念イベントを行なうことを発表した。

「日本でのメジャー・デビューということで、とても緊張していますが、うれしいです」(SOL)、「この機会に、今後もさらに活動をがんばって、みなさんに素晴らしいBIGBANGの姿を見せたい」(G-DRAGON)と日本デビューの意気込みを見せた彼らは、紅白歌合戦について訊かれると、「大先輩の東方神起が出演したこともありますし、何度か見たこともあります。僕達もそのような番組に出演できる歌手になれるよう、一生懸命努力したい」と話した。

また、「日本では“ヨン様スマイル”がとても人気があるので、よろしければ“BIGBANGスマイル”を見せてください」と記者からお願いされ、「恥ずかしいです」と照れながらも、メンバー全員で最高の笑顔を披露する場面もあった。

BARKSでは次週、記者会見での質疑応答の全内容を公開するほか、写真を大量に追加予定。韓国からやってきた最強グループが、日本の音楽シーンを最高の音楽で大爆発(BIGBANG)させてくれることに期待だ。

「MY HEAVEN」の着うた(R)は、5月13日より配信中。ちなみに、5月13日に発売されたw-inds.の新曲「Rain Is Fallin'」には、G-DRAGONがラップで参加している。

シングル「MY HEAVEN」
【初回限定盤(CD+DVD)】UPCH-9498 ¥1,800(tax in)※デジパック使用
【通常盤A(CDのみ)】UPCH-5611 ¥1,100(tax in)
【通常盤B(CDのみ)】UPCH-5612 ¥1,100(tax in)
2009年6月24日発売

◆「Number 1」ミュージック・ビデオ
◆「HaruHaru」ミュージック・ビデオ
◆BIGBANG オフィシャルサイト
◆BIGBANG ユニバーサルミュージック公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス