荘村清志、初の「アランフェス協奏曲」スペイン録音でリリース

twitterツイート
日本クラシック・ギター界の第一人者、荘村清志が満を持して名曲「アランフェス協奏曲」をスペインで初録音、5月13日にリリースした。

9歳よりギターを始めた荘村清志は、1964年16歳の時に、あの「禁じられた遊び」で有名なスペインのギターの巨匠イエペスに認められ、単身スペインに渡りイエペスに弟子入り。1967年、1968年にはヨーロッパと北米各地で28回の公演を成功させ帰国。1974年にNHK教育テレビの「ギターを弾こう」の講師を務めて一躍有名になり、その後も日本のクラシック・ギター界を引っ張ってきた重鎮である。

デビュー40周年をむかえた荘村も2008年に還暦をむかえ、友人たちの熱い思いを集結させて、今回、初の「アランフェス協奏曲」録音をスペインで実践、共演は<ラ・フォル・ジュルネ音楽祭>にも出演したことのあるスペイン・バスク地方のビルバオを本拠地とするビルバオ交響楽団だ。

2009年は、「アランフェス協奏曲」の作曲家ロドリーゴの没後10年にあたると共に、「アランフェス協奏曲」作曲から70年というアニヴァーサリー・イヤーでもある。アルバム『アランフェス協奏曲』には、「アランフェス協奏曲」の他、ギターとオーケストラによる同じくロドリーゴの「ある貴紳のための幻想曲」、そして荘村清志が敬愛し生前に親交の深かった日本が誇る作曲家、武満徹の作品「夢の縁(へり)へ」が収録されており、ギターの美しい響きとスペインのオーケストラの熱い情熱的な響きが印象的な作品となった。

なお、荘村清志&メナ指揮ビルバオ交響楽団によるエモーショナルな「アランフェス」が聴ける、日本公演も全国7ヵ所にて決定となった。すでに配信中の「アランフェス協奏曲 第2楽章:アダージョ」の着うた(R)とあわせて、是非お楽しみを。

『アランフェス協奏曲』
荘村清志(ギター)、ファンホ・メナ指揮・ビルバオ交響楽団
2009年5月13日発売 2,800円(税込)TOCE-56232

<荘村清志&スペイン・ビルバオ交響楽団 日本ツアー>
●2009年7月4日 大阪:ザ・シンフォニーホール
[問]ABCチケットセンター 06-6453-6000
●2009年7月5日 福井:ハーモニーホールふくい
[問]ハーモニーホールふくいチケットセンター 0776-38-8282
●2009年7月6日 東京:武蔵野市民文化会館
[問]財団法人 武蔵野文化事業団 0422-54-2011
●2009年7月7日 福岡:アクロス福岡
[問]RKB事業部 092-852-6606
●2009年7月9日 東京:東京オペラシティコンサートホール
[問]カジモト・イープラス 0570-06-9960
●2009年7月11日 岐阜:サラマンカホール 岐阜県県民ふれあい会館
[問]サラマンカホール 058-277-1110
◆SoundTown CLASSICサイト(EMI Music Japan)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon