リバティーンズ、再結成(のようなもの)

twitterツイート
先週金曜日(5月15日)、ロンドンのクラブRhythm Factoryで行なわれたプロモーター、故ジョニー・セダッシーの追悼ギグで、リバティーンズの元メンバー3人が同じステージに立った。

ベイビー・シャンブルズがパフォーマンスした後、元バンド・メイトのカール・バラー(G)、ゲイリー・パウエル(Dr)がステージにジョインし「What A Waster」「Up The Bracket」「Can't Stand Me Now」などリバティーンズのトラック6曲をプレイしたという。オリジナル・ベーシスト、ジョン・ハッサールも参加するとの噂もあったが姿を見せず、ベイビー・シャンブルズのドリュー・マコーネルが代役を務めた。

セダッシーは生前、Rythm Factoryで無名/新人バンドのギグを開催しており、初期のリバティーンズもサポートしていた。

またこのリユニオン(のようなもの)の後、ベイビー・シャンブルズのドラマー、アダム・フィセクがリバティーンズの再結成は「時間の問題」とのコメントを発している。フェセクは「彼らはある時点で間違いなくリユニオンする。ホントに望まれるまでみんなを待たせるべきだと思うね」とBBC 6ミュージックで語った。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報