AC/DCのコンサート、うるさいとの苦情が100件以上

twitterツイート
AC/DCが先週金曜日(5月15日)ドイツ/ミュンヘンのスタジアムでコンサートを開いたが、地元警察によると住民から100件以上の騒音苦情が寄せられたという。

ドイツ国内のニュースを伝えるThelocal.deによると、スタジアムから20キロも離れた町からも苦情が上がったそうだ。しかしながら、警察はコンサートを止めることなく、バンドに対する処分も取られなかったと伝えられている。この夜のコンサートには7万ものファンが集まり、その中には同国の経済大臣(37歳)の姿もあったという。

AC/DCはかつてザ・ローリング・ストーンズ、モーターヘッド、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと並び、世界で最も騒々しいバンド(そのレベル132dB)だったことがある。その後、2008年にマノウォーが139dBを出したものの、ギネス・ワールド・レコーズはこれを認めなかった。というのも、聴力障害を促する恐れがあるため“世界で最もうるさいバンド”というカテゴリーを廃止したからだ。

AC/DCは6月23日までヨーロッパ・ツアーを続けた後、UKツアーをスタート。ロンドンではウェンブリー・スタジアムでパフォーマンスする。同スタジアムから10キロと離れていない我が家にも聴こえてくるのだろうか。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報