SEEDA、バージョンアップ完了

twitterツイート
SEEDAが2009年5月20日にニューアルバムをリリースした。その名もセルフタイトル『SEEDA』である。

アルバム『街風』と『HEAVEN』のリリース感覚がたった100日ほどしかなかったように、制作ペースが異常に速いことでも知られるSEEDAだが、今作『SEEDA』には、これまでのSEEDAには考えられない約1年4ヶ月という年月が注ぎ込まれている。発売延期をしてまで納得を追求したというアルバムだが、そこには見事に自身の名を冠したアルバムの完成があった。そして『SEEDA』は、その期待をはるかに超える2009年の洗練と自由自在なラップテクニックがつまった宝箱のような作品となった。

常にスタイルとラップ技術の驚異の進化を見せ、他の追従を許さないSEEDAだが、今作はEXILEの「Touch The Sky」を作曲したBACH LOGICと共にプロデュースを果たし、無条件にノレるアッパーチューンが中心となった、洗練された最旬スタイルのラップがギッシリつまった最高にオシャレでポップなアルバムが出来上がっている。

期間限定で無料配信し大好評を得た「DEAR JAPAN」や、ヒップホップ史に残るマイクリレーと賞賛された「God Bless You Kid featuring MONDOH, ham-R, SEEDA, SHIZOO, OKI, NORIKIYO, BES」もしっかり収録されているので、ダウンロードし損ねた人にもありがたい作品となっている。

自身のブログ「シーダ コンクリートグリーン」で一般公募され、1000通近い応募の中から選ばれたDOVUASKIのトラックもボーナストラックとして収録されており、ここでもSEEDAのセンスが光る。また、JAY'EDをフィーチャリングした「夢からさめたら」は、発売前からもアンテナ感度の高いリスナーの中で既に話題となっていた80'sテイストの一曲だ。

SEEDAは自身のブログで、この最新作が完成した時に「SEEDA バージョンアップ 完了 ッス テレビに例えれば、ブラウンカンからデジタル」と表現していた。「HIPHOP バージョンアップ 完了 ッス」とでも言うべき、本作の衝撃を、自身の耳で確認して欲しい。

◆iTunes Store SEEDA(※iTunesが開きます)
◆SEEDAオフィシャルサイト「SEEDA CONCRETE GREEN」
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon